人権・民主主義

「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国人の漫画家の孫向文さんが書いた「中国人の僕は日本のアニメに救われた!」を読んだ。

普段慣れ親しんでいる日本的な価値観が、外部から見ると特殊なものなのだということは理解しているつもりだったが、まだまだ客観視できていない部分もあるんだなと感じた。

時代劇のチャンバラシーンでよく出てくる、「安心せい、峰打ちじゃ」とのセリフに不思議さを感じた孫向文さんの感覚は、自分には新鮮なものだった。日本の漫画の主人公は敵に対してやさしすぎるというのが中国人たちの一般的な意見であり、欧米でも単純な勧善懲悪が普通なのだそうだ。

敵とはそのまま悪であり、当然滅ぼされるべき対象なのだとみなすのが世界の標準なのであり、敵に対して情けをかけるような日本的なあり方は特殊なものなのだということに、改めて気付かされた思いがする。

こうした日本人的な意識の起源を「武士の情け」や「怨霊信仰」に求めるような形で孫向文さんは話を展開しているのだが、自分はもっと根源的な日本人の心にその起源を求めるべきものではないかと思う。

善悪の価値基準を持ち込む前の段階で、万物は存在するだけで尊重に値すると、日本人は考えてきたのではないか。例えば、足で扉を開けたりするような所作を行儀が悪いと見ている見方の中には、扉に対しても礼を持って接するべきというような、存在するものに対して無条件に尊重する心が根底にあるのではないか。

あるいは、自分という存在が決して大きなものではないという自覚が日本人にはあるという見方もできるかもしれない。

こうした日本的な美徳、日本的な精神のあり方が、戦後一貫して否定されてきて、日本人の中からもこうした美徳がどんどん失われてきているのは実に残念である。こういう精神性はむしろ世界の中で今後価値を高めていくべき見方なのではないかと思っている。

「日本は「ジェンダーギャップ指数2020」で153カ国中121位で遅れてる〜」みたいな表層的な見方は正しいのだろうか。万物を最初から尊重する日本的なあり方は、表層的なジェンダー論よりもはるかに先進的なものの見方なのではないだろうか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「中国人の僕は日本のアニメに救われた」の画像
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GoLN0DfSL.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!呉巨…

  3. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    はしかの予防接種に悪影響! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 人権・民主主義

    武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    北京五輪ボイコットの動き! 急激に悪化したウイグル、香港!(朝香豊)
  2. 人権・民主主義

    選挙は敗北したが、戦いは続く! トランプ大統領のスピーチ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    フロリダ州が一方的な「真実」を押し付けてくるSNS企業の規制法を制定! これに対…
  5. 経済

    FRBのパウエル議長がさらなる財政政策を求める! 問われる日本との違い!(朝香 …
PAGE TOP