人権・民主主義

「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国人の漫画家の孫向文さんが書いた「中国人の僕は日本のアニメに救われた!」を読んだ。

普段慣れ親しんでいる日本的な価値観が、外部から見ると特殊なものなのだということは理解しているつもりだったが、まだまだ客観視できていない部分もあるんだなと感じた。

時代劇のチャンバラシーンでよく出てくる、「安心せい、峰打ちじゃ」とのセリフに不思議さを感じた孫向文さんの感覚は、自分には新鮮なものだった。日本の漫画の主人公は敵に対してやさしすぎるというのが中国人たちの一般的な意見であり、欧米でも単純な勧善懲悪が普通なのだそうだ。

敵とはそのまま悪であり、当然滅ぼされるべき対象なのだとみなすのが世界の標準なのであり、敵に対して情けをかけるような日本的なあり方は特殊なものなのだということに、改めて気付かされた思いがする。

こうした日本人的な意識の起源を「武士の情け」や「怨霊信仰」に求めるような形で孫向文さんは話を展開しているのだが、自分はもっと根源的な日本人の心にその起源を求めるべきものではないかと思う。

善悪の価値基準を持ち込む前の段階で、万物は存在するだけで尊重に値すると、日本人は考えてきたのではないか。例えば、足で扉を開けたりするような所作を行儀が悪いと見ている見方の中には、扉に対しても礼を持って接するべきというような、存在するものに対して無条件に尊重する心が根底にあるのではないか。

あるいは、自分という存在が決して大きなものではないという自覚が日本人にはあるという見方もできるかもしれない。

こうした日本的な美徳、日本的な精神のあり方が、戦後一貫して否定されてきて、日本人の中からもこうした美徳がどんどん失われてきているのは実に残念である。こういう精神性はむしろ世界の中で今後価値を高めていくべき見方なのではないかと思っている。

「日本は「ジェンダーギャップ指数2020」で153カ国中121位で遅れてる〜」みたいな表層的な見方は正しいのだろうか。万物を最初から尊重する日本的なあり方は、表層的なジェンダー論よりもはるかに先進的なものの見方なのではないだろうか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「中国人の僕は日本のアニメに救われた」の画像
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GoLN0DfSL.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

  2. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  3. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!11…

  5. 人権・民主主義

    同一署名の郵便投票が2000通以上! ウィスコンシン州で発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!不正…

  6. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)
  2. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  4. 未分類

    台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 道理

    パウエル弁護士、放逐! これについての自分の推測!(朝香 豊)
PAGE TOP