人権・民主主義

トランプ新党できたら参加を考える! 共和党の70%!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロンドンに拠点を置くオンライン調査機関であるYouGovの調査により、仮にトランプ新党が立ち上がったら新党に参加するかどうかを共和党支持者に尋ねたところ、33%が参加すると答え、37%が参加するかもしれないとし、合わせて70%が参加の方向にあることがわかった。

また46%がトランプを裏切らないことが「極めて重要」だとし、さらに27%が「ある程度重要」だと答え、73%がトランプを大切にするように共和党に求めていた。ちなみに「あまり重要でない」としたのは15%、「全く重要でない」としたのは12%にとどまった。

この調査結果は、仮に共和党がトランプを裏切って弾劾成立に加担するような動きに出て、トランプが新党を本気で立ち上げた場合に、その際に残った共和党以上の勢力をトランプ新党が持ちうることを示している。共和党がもははやトランプを無視できなくなっている現実がさらに浮き彫りになったといえる。

この状態はトランプの弾劾成立が遠のいたことだけを意味するわけではない。共和党は今後トランプの強い影響力のもとで動いていかざるをえないことを意味する。

大統領選挙での不正問題に関する追及をマコーネルなど共和党「本流」は終わらせていこうとしてきたが、トランプの影響力が強い状態が続くとすれば、この点を曖昧にする方向性は許されないことになる。

これは民主党側が現在仕掛けている選挙法改正の議論にも影響することになるはずだ。郵便投票制度を抜本的に拡充しようとするこの改正案は、当然ながら今回の大統領選挙には何の問題もなかったことが前提とされているわけだが、この立場を多くの共和党支持者は受け入れていないからだ。

選挙法改正に反対するポーズを取りながら結局は容認するという道を、共和党「本流」が選択しようとした場合に、トランプは新党を作るというオプションをちらつかせることができる。

こういう点でもこの世論調査結果は今後のアメリカ政界の動きを見る上で面白いものになるのではないだろうか。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/70-percent-of-republicans-would-consider-joining-trump-led-third-party-poll-finds_3693713.html
トランプの画像
https://media4.s-nbcnews.com/j/newscms/2020_49/3432100/201201-donald-trump-mc-1254_e5eb373ac517e702707af737126dbeb0.fit-760w.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    SNSの勝手な検閲を禁止! ポーランドで新法制定の動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 人権・民主主義

    バイデン勝利を否定! ジョージア州議会司法委員会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  4. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!検察…

  5. 人権・民主主義

    北京で住居の「強制退去」に反対! 1万人の市民が署名!(朝香 豊)

    中国北京市昌平区の住民らは、住んでいる住宅が「違法建築」だとし…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊…
  2. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化へ! 明らかに変わる中東の力学!(朝香 豊…
  4. 経済

    給与の遅延や給与のカット! 大混乱に陥る中国経済!(朝香 豊)
  5. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(…
PAGE TOP