外交

新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国外交部の趙立堅報道官は、ツイッターで「米軍が新型コロナの流行を武漢に持ち込んだのかもしれない。データを公表し、透明性を向上させるべきだ。米国は中国に説明する義務がある!」と投稿した。

アメリカのオブライエン大統領補佐官が、新型コロナに対する中国の初動が「隠蔽活動だった」、「そのせいで世界各国の対応が2ヶ月遅れた」と述べ、中国責任論を展開したことへの反論のようだ。

アメリカ起源を疑うということは、このウイルスはアメリカ発の人工ウイルスだという認識なのだろうか。

アメリカが中国の透明性を問題にし、中国がアメリカの透明性を問題にする…大いに結構なことではないか。

相手に透明性を求める以上、自らの国の透明性も思いっきり高めることも必要だろう。

ぜひとも、言論の自由を最大限保証して、この問題をオープンに議論できる環境を整えてもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-china-usa-idJPKBN20Z335
写真はPars Todayの記事から引用
https://parstoday.com/ja/news/world-i59590
https://media.parstoday.com/image/4bv70d00ddb3871m1ti_800C450.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

  2. 外交

    林芳正外相の訪中を肯定! 福田達夫総務会長のありえない考え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  3. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  4. 道理

    受信料契約者向けに日本語放送をしないNHKプラス! 独占企業NHKの驕りを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!仕事…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国からの求人を禁止へ! デカップリングに一歩踏み出した台湾!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!
  4. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香…
  5. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
PAGE TOP