外交

新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国外交部の趙立堅報道官は、ツイッターで「米軍が新型コロナの流行を武漢に持ち込んだのかもしれない。データを公表し、透明性を向上させるべきだ。米国は中国に説明する義務がある!」と投稿した。

アメリカのオブライエン大統領補佐官が、新型コロナに対する中国の初動が「隠蔽活動だった」、「そのせいで世界各国の対応が2ヶ月遅れた」と述べ、中国責任論を展開したことへの反論のようだ。

アメリカ起源を疑うということは、このウイルスはアメリカ発の人工ウイルスだという認識なのだろうか。

アメリカが中国の透明性を問題にし、中国がアメリカの透明性を問題にする…大いに結構なことではないか。

相手に透明性を求める以上、自らの国の透明性も思いっきり高めることも必要だろう。

ぜひとも、言論の自由を最大限保証して、この問題をオープンに議論できる環境を整えてもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-china-usa-idJPKBN20Z335
写真はPars Todayの記事から引用
https://parstoday.com/ja/news/world-i59590
https://media.parstoday.com/image/4bv70d00ddb3871m1ti_800C450.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

  2. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)

    韓国での次期韓国大統領候補選好度の調査では、チョ・グク氏は1ヶ…

  3. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)

    チェコ共和国首都のプラハ市は、中国の北京市との「姉妹都市」関係…

  4. 道理

    流行語大賞”ONE TEAM”の決め手は、移民受け入れのためだって! 冗談じ…

    今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に"ONE TE…

  5. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)

    台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    反日偏向を告発した高校生への弾圧強化! 韓国仁憲高校!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ファーウェイ製のデータセンターのセキュリティはデタラメ! パプアニューギニア!(…
  3. 道理

    大不作の北朝鮮で、軍と農民のトラブルが深刻に! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)
PAGE TOP