外交

新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国外交部の趙立堅報道官は、ツイッターで「米軍が新型コロナの流行を武漢に持ち込んだのかもしれない。データを公表し、透明性を向上させるべきだ。米国は中国に説明する義務がある!」と投稿した。

アメリカのオブライエン大統領補佐官が、新型コロナに対する中国の初動が「隠蔽活動だった」、「そのせいで世界各国の対応が2ヶ月遅れた」と述べ、中国責任論を展開したことへの反論のようだ。

アメリカ起源を疑うということは、このウイルスはアメリカ発の人工ウイルスだという認識なのだろうか。

アメリカが中国の透明性を問題にし、中国がアメリカの透明性を問題にする…大いに結構なことではないか。

相手に透明性を求める以上、自らの国の透明性も思いっきり高めることも必要だろう。

ぜひとも、言論の自由を最大限保証して、この問題をオープンに議論できる環境を整えてもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-china-usa-idJPKBN20Z335
写真はPars Todayの記事から引用
https://parstoday.com/ja/news/world-i59590
https://media.parstoday.com/image/4bv70d00ddb3871m1ti_800C450.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)

    ベトナム戦争の時に韓国軍が民間人虐殺を行ったとされる問題では、…

  2. 安全保障

    小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  3. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!エマ…

  4. 人権・民主主義

    「価値観の多様化」の矛盾! 特定の価値観の排除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指…
  3. 人権・民主主義

    香港民主化運動がノーベル平和賞候補へ! 米超党派議員が推薦!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)
PAGE TOP