安全保障

12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国メディア「財新網」は、新型コロナウイルスの遺伝子解析が、すでに昨年12月段階で様々に進んでいながら、これらの情報公開に中国政府が背を向けていたことを報じた。

報道によると、最も早く遺伝子解析が終了していたのは、なんと12月27日のことだそうだ。

12月24日に検体を広州市の遺伝子解析会社に送り、27日には結果が出ていた。

この解析会社は、27日と28日に解析結果を武漢市中心医院と政府の疾病管理部門にそれぞれ報告していたのである。

また別の検体が、12月27日に北京市の遺伝子解析会社に送られ、30日には「SARSコロナウイルス」との検査結果が病院側に報告されていた。

なお、この報告結果をSNS上にあげたことで拘束され、始末書を書かされたのが、亡くなった李文亮医師だ。

このようにすでに12月の段階で、新型コロナウイルスがSARSウイルスに類似する危険なものだということは判明していた。

そしてそのことは、病院関係者だけなく、衛生当局も理解していたわけだ。

だが、1月1日に武漢市衛生健康委員会の幹部は、遺伝子解析会社に対して、ウイルスの検体を廃棄し、遺伝子情報や研究論文の公表や、新たな検体の検査も行ってはならないと命じた。

国家衛生健康委員会も1月3日、各病院や関係部門が、国に指定されたウイルス研究機構を除き、他の機構や個人に検体を提出してはいけないと定めた。

このウイルスに関して人工合成したのではとの疑いを掛けられている武漢病毒研究所も、ウイルス検査の中止と検体の廃棄を要求された。

中国政府はこのウイルスがSARS系の危険なウイルスであることを理解しながら、どうしてこの情報をすぐさま公開して必要な対策を打たなかったのか。

それどころか、検体の廃棄や新たな検体の検査の禁止をさせたのか。

遺伝子情報や研究論文の発表まで禁止したのか。

このウイルスが中国政府が作り出した人工的なものだということがバレることを、何とか防ぎたいと中国政府が考えたとみるのが、自然な流れのように思われる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52426.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソレ…

  4. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  5. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!台湾で…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)
  2. 経済

    経済同友会が参院に「独立財政機関」の設置を求める! 足を引っ張るのはやめてくれ!…
  3. 道理

    大不作の北朝鮮で、軍と農民のトラブルが深刻に! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  5. 経済

    ソフトバンクG、ピンチ! 三菱も三井住友も融資に応じない見通し! (朝香 豊)
PAGE TOP