安全保障

中国の一帯一路構想に対抗! 日米豪で進める「ブルー・ドット・ネットワーク」計画を、米政府が発表!(朝香 豊)

中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する代替案として、アメリカのロス商務長官は「ブルー・ドット・ネットワーク」計画を発表した。

この計画には、アメリカの「海外民間投資公社」、オーストラリア外務貿易省に加えて、日本の国際協力銀行が参加することがわかった。

この計画では、市場主導型で透明性があり、財政的に持続可能なインフラ開発が謳われている。

一帯一路構想が非市場主導型で透明性がなく、財政破綻によって建されたインフラが中国のものにされてしまうこともあることと、明確な対照を打ち出している。

アメリカのオブライエン大統領補佐官も、この計画が中国の「一帯一路」に対抗するものだと明言し、「低品質のプロジェクトによって多くの国が債務トラップに陥り」、「主権が弱まった」国もあると批判した。

こうした動きを歓迎したい。

この記事の元ネタの大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48856.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  3. 安全保障

    IMFがさらなる財政出動を要請! 新型コロナ対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!IM…

  4. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  5. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    誤解されるパウエル弁護士! ドミニオンに対する主張を取り下げたわけではない!(朝…
  3. 安全保障

    正しい国防を打ち出せるのは高市氏だけ! 河野、岸田、野田の3氏はピンボケ!(朝香…
  4. 安全保障

    バイデン政権は全体主義へ! クリントンのアドバイザーも指摘!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    民主派の「予備選」が「国家安全法」違反だって! 香港!(朝香 豊)
PAGE TOP