外交

処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 豊)

ロンドンにある国際海事機関の本部で開催される国際会議で、福島原発の処理水の海洋放出の問題を正式な議題として取り上げることを、韓国政府は要請した。

これに中国とチリが同意し、引き続き議論したいと表明した。ガーナ出身の議長も、議論する事項ではないと断言できないため、日本に引き続き情報公開を求めていくとした。

これに対して日本は、原発処理水に関し透明性を確保した上で情報を公開すると表明した。

日本政府が情報公開すると表明した事自体は評価するが、後手に回っているという自覚がないことが残念だ。

韓国の主張は荒唐無稽なものだし、そのことに韓国政府自身が気づいていないわけがない。

韓国の狙いは、国際会議の正式な議題にすることで、「日本の福島原発の問題は、こんな国際機関でも正式な議題として取り上げるほどのことなのだ」という宣伝工作に利用するためであることに、未だに日本政府は気がついていないのだろうか。

そういう「事実」の積み重ねによって、処理水の海洋放出が危険なものだという印象操作を作り上げられるという悪意に基づいて、韓国政府は仕掛けているのだ。

韓国政府は気違いなわけではない。国家戦略的に日本をどうやっておとしめるかを真面目に追求しているわけだ。

だから、議論は科学のレベルでの正しさなどではない。

中国やチリやガーナにしても、韓国の主張の荒唐無稽さは恐らく理解しているだろう。理解した上で敢えて理解していないふりをすることで、日本に対する揺さぶりをかけることができ、外交カードとして利用できることを計算に入れているのではないだろうか。その可能性が高いと、個人的には考えている。

こういう外交におけるリアリズムを前提にした対応を日本政府が考えていないことが、大問題なのだ。

韓国政府はひどいが、韓国政府を非難だけしても日本も世界も変わらない。

世界中のマスコミを相手にした情報戦で、どうやれば韓国の主張が荒唐無稽であるのかを示せるのか、どれだけ悪意を持って日本をおとしめようとしているのかを理解させられるのかを、まじめに追及スべきなのである。

ソースとなった朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/10/2019101080051.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  3. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 外交

    文大統領、IOC会長との会談で東京五輪での旭日旗使用の懸念を表明へ (朝香 豊)

    韓国の文在寅大統領は、国連総会に出席するためにニューヨークを訪…

  5. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  6. 外交

    韓国がWTOに日本提訴! 日本は迎え撃て! (朝香 豊)

    韓国が今月11日にWTOに日本を提訴していたことがわかった。今…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)
  3. 未分類

    EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)
  4. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  5. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP