人権・民主主義

低レベルないじりの太田光! 番組を準備したTBSの責任も大!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

爆笑問題の太田光がTBSの選挙特番に出演し、様々な暴言を吐いたことが問題になっている。

太田光は甘利明自民党幹事長に対して、その発言を遮るようにしながら「甘利さん、もう戦犯ですよね」と発言した。なおこの段階では甘利氏の当落は判然とはしていないが、仮に落選が決まっていたとしてもそれが「戦犯」になるという認識は私には理解できない。

その後も仮に自身が小選挙区で敗北した場合に「総裁に身柄を預けなければならないと思っています」と甘利氏が答えたことに対して、太田光は「総裁がOKと言えば、自分からは身を引かないということ?」との発言も行なった。人事権が総裁にあることを尊重した甘利氏の話しぶりを、意図的に悪しき形で解釈するのはひどい話である。

それ以外にも「甘利さん、ずいぶん日焼けしてますけど、ゴルフ焼けですか?」とか、「甘利さんの政治家としての資質にがっかりした」といった失礼な発言が相次いだ。極めつけは「いろいろこれから考えてください。ギャハハハハハハ。ご愁傷様でした」との捨て台詞だ。

当選を決めたばかりの二階俊博氏に対しても、「二階さんはいつまで政治家を続けるつもりですか?」とか「人相が悪いんですけど、怒ってますか?」といった質問を平然と行なった。

選挙を戦い終えたばかりの相手に対する敬意も労いもまるでない。こうした番組を平然と作れるまで日本のテレビ局は劣化したのかという思いに駆られた。

政治家に対して腰の引けたインタビューを行えというつもりはない。手厳しい質問を浴びせることも重要だ。

だが、本質を突いた手厳しい質問と意地の悪いいじりとは、全く性質が別である。

レベルの低い低劣ないじりを国民の公共財産である電波を利用して広く拡散しているあり方には疑問を感じざるをえない。

  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

朝香豊チャンネルの最新動画(立憲民主と共産が議席を減らした本当の理由は?)

自民党が踏みとどまる! 立憲・共産は退潮!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6987

太田光と甘利明の画像
https://pbs.twimg.com/ext_tw_video_thumb/1454969273504657408/pu/img/clm-6WtkxmzTFRz9.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    崩れる軍事オプションの陰謀論! 現実を見よ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミラ…

  2. 人権・民主主義

    民主党の運動員が市の選挙事務を掌握していた! ウィスコンシン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!先の…

  3. 人権・民主主義

    明らかになる不正選挙の手口! サンダース支持者からの告発も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  5. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    州兵の扱いにへ抗議! フロリダに続き、テキサスとニューハンプシャーも!(朝香 豊…
  2. 道理

    尖閣周辺に中国船、16日連続! 日中首脳会談を受けて変化なし!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    黒人を膝で抑え込んだ警官に殺人罪の評決! 見過ごせないアメリカの全体主義!(朝香…
  4. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    DHC吉田会長のブログ記事の取り上げ方! 問われるメディアの姿勢!(朝香 豊)
PAGE TOP