安全保障

地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オーストラリアのモリソン首相は、地方政府や公共機関などが外国政府と結んだ契約が、連邦政府の外交方針と一致しない場合に連邦政府が撤回できる法律案を提案した。

すでに過去に締結されたものであっても、適応できるとしている。

モリソン首相は、これは国家主権の問題であり、特定の国を対象としたものではないことを強調しているが、当面の最大の課題が中国であるのは明らかである。

オーストラリアでは北部準州がダーウィン港を中国の人民解放軍系の企業に99年のリースを許しており、またビクトリア州でも「一帯一路」に関する覚書に調印している。

この状態が国益に沿わないとして、方向転換できる道を探っているものと思われる。

日本でも一帯一路に前のめりの動きが、苫小牧や釧路などで見られるが、国家としての一体性を失わせかねない契約は中央政府が止められるようにすべきではないだろうか。

ぜひ日本政府には、オーストラリア政府を見習ってもらいたいものだ。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-australia-politics/australia-to-seek-veto-powers-on-all-public-deals-with-foreign-nations-pm-to-say-idUSKBN25M1LQ
ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-australia-politics/australian-pm-says-proposed-foreign-veto-powers-not-aimed-at-china-idUSKBN25N05Z
The Australianからの引用画像(Scott Morrison)
https://cdn.newsapi.com.au/image/v1/88ad758de992414d2678a422bc7ffa58
Twitterからの引用画像(Darwin port)
https://pbs.twimg.com/media/EcdJPcMUEAI9zLt.jpg
SBS Newsからの引用画像(ビクトリア州と中国との契約締結)
https://sl.sbs.com.au/public/image/file/a4c41eb8-0766-4ed5-9f52-2bda4fe301cc/crop/16×9
Yahoo! Japanからの引用画像(一帯一路と苫小牧・釧路)
https://giwiz-rts.c.yimg.jp/im_siggSJCUdg4IXiEt5Ann1tSGwQ—x600-y315-ifmgif-prix/p/rts/RTQzlGxxwzDeZrqRsbzUkNVozl8uXtVUMmLRaeuGlR_3G5RubXQg7Ba.yeIIQ5wgob6ORw–

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  2. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)

    密かに「個人が特定できる大量のユーザー情報を吸い上げ、中国のサ…

  4. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊)

    アメリカ政府は中国の通信機器大手「ファーウェイ」と「ZTE」の…

  5. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国外交官のセクハラ! 対応の悪さでニュージーランドが激怒!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    6人の任命見送りの話は出ず? 総理と梶田学術会議会長との会談!(朝香 豊)
  3. 道理

    具体策が見えないぞ! 河野太郎氏出馬会見!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)
PAGE TOP