安全保障

周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に渡り、米国政府および個人に違法な機器を販売し、8800万ドルの収益を得ていた。

アベンチュラ社は、取引先の中国企業に対して、製品の回路基板から中国語の文字を消去させるなど、中国製であることを隠す作業を行わせていた。

米国海軍、空軍、国内歳入庁などが、アベンチュラ社から、レーザー強化暗視カメラ、内蔵小型カメラなどを購入していた。

米検察は、アベンチュラ社をニューヨークの会社を刑事訴追した。

検察官は起訴状に、「アベンチュラは顧客をだますだけでなく、深刻なサイバーセキュリティの危険にさらし、米国にとって敵対的な外国政府が、米国の最も機密性の高い機関にアクセスできる通路を作った」と書いている。

日本企業の場合は、こうした行為に意図的に手を染めることはないと信じたいが、意図せざる場合でも当然ながら許されるわけではない。

アメリカ政府との取引を考える上で、こういう点には十分に気をつけてもらいたいものだ。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48887.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    さらに崩れている中国経済! 真実をきちんと見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  2. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    中国を甘く見ていた時代は終わった! オブライエン米大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  5. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  6. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国、インターネット管理をさらに強化! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前…
PAGE TOP