安全保障

WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ・台湾連合とWHOとのバトルがヒートアップしている。

アメリカは、昨年の12月にWHOが台湾の警告を無視して、情報を隠蔽しようとした中国政府に加担したと主張している。

WHOは1月14日に「人から人への感染を示す兆候はない」と発表したが、これは台湾の警告を無視したものだというのがアメリカの言い分だ。

これに対してWHOは、12月31日に台湾当局からのメールが届いていたことを認めながらも、そこには「人から人への感染」についての言及はなかったと、反論してきた。

この事態を受けて、台湾当局はWHOに送ったメールの全文を公開した。

この文面には、「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ていると報道されている。現地当局はSARSとはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」のように書かれていた。

隔離治療が必要になるのは「人から人への感染」が起こりうるからで、「人から人への感染」が起こらないのであれば、隔離治療は必要にはならない。

台湾の陳時中衛生福利部長は「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」として、WHOへの再反論をおこなっている。

「人から人への感染」がわかっていながら、中国がこれをなぜか隠蔽しようとし、WHOはこの中国を擁護する立場に回っていたことは、疑いようもないように思われる。

WHOがこれにどう再反論してくるのかを楽しみにしていよう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/k10012382351000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3278154?cx_part=top_topstory&cx_position=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)

    アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049研究所」が、「米日…

  3. 人権・民主主義

    ツイッターもフェイスブックも偏向していた! 上院公聴会で明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  5. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)

    米軍の機密指定が解除され、空中を高速飛行する未確認飛行物体をと…

  6. 経済

    中国企業のデフォルト急増! 中国最大不動産企業もデフォルト危機へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝…
  2. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 …
  3. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    毒を盛られた模様! ロシア反体制の指導者のナワリヌイ氏!(朝香 豊)
  5. 道理

    キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)
PAGE TOP