安全保障

WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ・台湾連合とWHOとのバトルがヒートアップしている。

アメリカは、昨年の12月にWHOが台湾の警告を無視して、情報を隠蔽しようとした中国政府に加担したと主張している。

WHOは1月14日に「人から人への感染を示す兆候はない」と発表したが、これは台湾の警告を無視したものだというのがアメリカの言い分だ。

これに対してWHOは、12月31日に台湾当局からのメールが届いていたことを認めながらも、そこには「人から人への感染」についての言及はなかったと、反論してきた。

この事態を受けて、台湾当局はWHOに送ったメールの全文を公開した。

この文面には、「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ていると報道されている。現地当局はSARSとはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」のように書かれていた。

隔離治療が必要になるのは「人から人への感染」が起こりうるからで、「人から人への感染」が起こらないのであれば、隔離治療は必要にはならない。

台湾の陳時中衛生福利部長は「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」として、WHOへの再反論をおこなっている。

「人から人への感染」がわかっていながら、中国がこれをなぜか隠蔽しようとし、WHOはこの中国を擁護する立場に回っていたことは、疑いようもないように思われる。

WHOがこれにどう再反論してくるのかを楽しみにしていよう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/k10012382351000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3278154?cx_part=top_topstory&cx_position=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  2. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 人権・民主主義

    蔡英文総統、「台湾はすでに独立国家」の強気発言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 安全保障

    習近平が本気でブロックチェーンとデジタル人民元に取り組む方針を表明! (朝香 豊)

    習近平は中国共産党中央委員会のある会議で、「ブロックチェーンを…

  5. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

    日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達…

  6. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!5G…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ルノーサムスン協力会社が閉鎖! スト頻発でギブアップ!(朝香 豊)
  2. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ
PAGE TOP