安全保障

WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ・台湾連合とWHOとのバトルがヒートアップしている。

アメリカは、昨年の12月にWHOが台湾の警告を無視して、情報を隠蔽しようとした中国政府に加担したと主張している。

WHOは1月14日に「人から人への感染を示す兆候はない」と発表したが、これは台湾の警告を無視したものだというのがアメリカの言い分だ。

これに対してWHOは、12月31日に台湾当局からのメールが届いていたことを認めながらも、そこには「人から人への感染」についての言及はなかったと、反論してきた。

この事態を受けて、台湾当局はWHOに送ったメールの全文を公開した。

この文面には、「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ていると報道されている。現地当局はSARSとはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」のように書かれていた。

隔離治療が必要になるのは「人から人への感染」が起こりうるからで、「人から人への感染」が起こらないのであれば、隔離治療は必要にはならない。

台湾の陳時中衛生福利部長は「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」として、WHOへの再反論をおこなっている。

「人から人への感染」がわかっていながら、中国がこれをなぜか隠蔽しようとし、WHOはこの中国を擁護する立場に回っていたことは、疑いようもないように思われる。

WHOがこれにどう再反論してくるのかを楽しみにしていよう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/k10012382351000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3278154?cx_part=top_topstory&cx_position=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  3. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  5. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)
  2. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  4. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝…
  5. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)
PAGE TOP