人権・民主主義

ウイグルでのジェノサイド認定を求める! 対中政策に関する国会議員連盟!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本の「対中政策に関する国会議員連盟(JPAC)」は2月9日にJPAC第5回総会を開催し、国会会期中にかかわらず40人以上が出席し、声明文は全会一致で可決された。

この中で桜田義孝議員は、「私たちは自由と民主主義、そして人権を何よりも尊重する。国会でも早急に人権侵害政策法(日本版マグニツキー法)、ジェノサイド条約締結に向けて、与党も野党もなしに国会議員が一丸になって取り組んでいかねばならない」と呼びかけた。

声明文が全会一致で可決されたのを受け、JPACの共同代表である中谷元、山尾志桜里の両議員は、阿達雅志内閣総理大臣補佐官(経済外交担当)に対して同声明文を手渡した。この場で山尾議員は、「ウイグル問題について、『ジェノサイド』認定に向けた調査を開始してもらいたい。また『対話と協力』だけではなく行動を追加し、人権外交に向け人権侵害制裁法の制定に尽力していただきたい」と述べた。

日本が具体的な動きに出た場合に、中国政府は日本に対して報復的な処置を取るのは間違いないだろうが、ここは我々が拠って立つ基本的な価値観に属する部分であり、妥協することは許されない。

そもそも中国といえども世界中を敵に回して存立することはできないことを理解すべきである。また、中国国内の経済状態は報道されるのとは全く違って極めて厳しいところに追い込まれており、下手な制裁を実施すると自分で自分の首を絞めることにもなる。それは中国にとってもかなり大きな痛手になるはずだ。

さらに言えば、この点で西側陣営に属する諸国が共通の価値観を全面に出して中国と対峙しやすい環境を作ることが大切なのであり、この中で日本が大きな一歩を踏み出せれば、世界を大きく変える力にもなる。それは中国の横暴に苦しんでいるアジア諸国を勇気づけることにもなる。

JPACは政府に対して申し入れを行う段階で満足するのではなく、人権侵害政策法制定やジェノサイド条約締結に向けての動きを、超党派で加速させてもらいたいものだ。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/02/68619.html
中谷元議員、山尾志桜里議員の画像
https://prt.iza.ne.jp/kiji/politics/images/201227/plt20122719450008-m1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  2. 人権・民主主義

    デモに参加して逮捕された人たちを支持する集会が、モスクワで開かれた! (朝香 豊)

    香港の抗議活動は相変わらず続いているが、この影響はロシアにも影…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察は文在寅派に屈せず、チョ・グク新法相の親族を逮捕! (朝香 豊)

    ソウル中央地検は、横領や証拠隠滅教唆などの疑いで、チョ・グク氏…

  4. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    命ある限り体制批判を続けていく! 清華大学の許章潤教授!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    楽天が中国テンセントから出資受け入れ! 容認した日本政府への落胆!(朝香 豊)
  4. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)
  5. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
PAGE TOP