経済

トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

現在開かれているアメリカ共和党の全国大会に、1960年代から公民権運動に携わってきた黒人のクラレンス・アンダーソン氏がスピーチに立った。

アンダーソン氏は1960年のグリーンズボロのウールワース百貨店での「座り込み」運動に参加し、逮捕された経験を持つ。

この「座り込み」運動では、白人しか座れないことになっていたカウンターに黒人が座り込んでみせて、これをマスコミに報道させたのだ。

この「座り込み」運動がきっかけになって、「座り込み」運動がアメリカで急激に広がり、ウールワース百貨店は人種隔離方針を撤回することになり、この座り込み運動はアメリカの公民権運動史上画期的なものとして記録された。

アンダーソン氏は以下のような内容を語った。

—————————–

バイデンは厚かましくも、自分に投票しないなら黒人じゃねえよと言い放ったが、バイデンに投票するなら歴史を知らないだけだと言ってやりたい。

歴史的に黒人が多く学ぶ大学(HBCUs)に対して、トランプは記録的な金額を基金として提出した。(こんなことはトランプ以前の50年間なかった。)

黒人の人たちの雇用も記録的に生み出し、黒人が多い貧困地区に多くの投資が回るような政策を行った。(こんなことはトランプ以前の50年間なかった。)

刑事司法制度の改革を行い、多くの黒人を救い出した。(こんなことはトランプ以前の50年間なかった。)

こうした業績はトランプが黒人の命や暮らしを心から大切にしていることを表している。

彼の政策は彼のハートがどういうものであるかを表している。

トランプ大統領が黒人のアメリカ人に4年間に行ったことは、バイデンが政治に携わって50年間かけて成し遂げたものよりもずっと大きい。

—————————–

正直言えば、自分はHBCUとか刑事司法制度改革とかでトランプ大統領が何をしたのか、よくわからないのだが、貧困地区での投資と雇用を生むために行った政策のことはとても高く評価していて、これは多くの人に知ってもらいたいと思っている。

トランプ政権(共和党)は「オポチュニティーゾーン法」を成立させることで、不動産や株などで得られたキャピタルゲイン(値上がり益)を、指定された貧困地区(オポチュニティーゾーン)にそのまま再投資すれば、それが節税になり、場合によっては非課税になるという仕組みを作ったのである。

Opportunity Zones

オポチュニティーゾーンにプロの投資家がこれなら利益が見込めると判断した事業を展開してもらうのだ。

投資家は節税でき、貧困地区には莫大なキャッシュが流れ込み、そこで雇用が生み出される。

政府が財政支出として生活保護などを渡すだけであれば、そのまま死に金になりがちだが、利益を求めるお金として投資されているので、雇用と産業を生み出す力になるわけだ。

この法律は実際アメリカでのお金の流れを大きく変えた。

口先で何を語ったかよりも、現実に何を行ったかの方が遥かに重要だ。

トランプ大統領の業績を正当に評価すべきだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のWashington Examinerの記事
https://www.washingtonexaminer.com/politics/civil-rights-activist-trump-has-done-more-for-black-americans-in-four-years-than-joe-biden-has-done-in-50
NBC NEWSからの引用画像(Clarence Henderson)
https://media13.s-nbcnews.com/i/MSNBC/Components/Video/202008/f_mo_rnc_clarencehenderson_200826_1920x1080.jpg
YouTubeのサムネイルからの引用画像(Greensboro sit-ins)
https://i.ytimg.com/vi/tjeVqNcN5yI/maxresdefault.jpg
IPWatchdogからの引用画像(HBCU)
https://i0.wp.com/www.ipwatchdog.com/wp-content/uploads/2015/02/hbcu-colleges.jpg
WarrenAverettからの引用画像(Opportunity Zones)
https://warrenaverett.com/wp-content/uploads/Opportunity20Zones.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国で再び大統領の弾劾はあるのか? 弾劾の請願が140万人突破!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)

    台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要…

  3. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

    韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の…

  4. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    統計的に見てあまりに異常! 激戦州でのバイデン票!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!統計…

  6. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

    キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対す…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    これでも中国経済が成長するんだって! 各社エコノミストのありえない見通し!(朝香…
  2. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)
  3. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)
PAGE TOP