安全保障

福島原発で処理水海洋放出決定! 政府の英断を高く評価!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

福島第一原発の敷地内に貯まる一方だった処理水について、政府が海洋放出の決断をしっかりと下したことを素直に評価したい。

問題とされているのはトリチウム(三重水素)だが、そもそも自然界にはトリチウムは普通に存在する。日本に降る雨に含まれる年間トリチウム量は220兆ベクレルである。

通常水1リットルには1ベクレルのトリチウムがあるとされているので、体重70キロくらいの人であれば体内に50ベクレル程度のトリチウムがあることになる。

トリチウムは非常に弱い放射線しか出さないので、外部被曝の影響は皆無と言ってもよいレベルだ。例えば同じベクレル数であれば、人体に対する影響はトリチウムはセシウム137の700分の1以下しかない。

福島第一原発に蓄えられている処理水は、放出時に海水によって100倍以上に希釈され、その結果としてWHO(世界保健機関)の飲料水水質ガイドラインの1/7程度にまで濃度は薄められることになる。

希釈された処理水は海の中でさらに急激に希釈されることになるから、近隣でモニタリング調査を行ってもその濃度は検出限界以下になる可能性すら考えられるレベルだ。

IAEA(国際原子力機関)も今回の海洋放出の決定について「科学的に妥当で環境影響はない」としている。当然である。

さて、この決定に対して中国と韓国が騒がしく動いている。韓国外交部の崔鍾文第2次官は、相星孝一・駐韓日本大使を呼んで抗議した。中国外務省も「国際社会や近隣諸国と十分な協議をしないまま、汚染処理水の放出を一方的に決めた」と日本政府を非難し「深刻な懸念」を表明した。このあたりの声にいちいち反応するのはバカげている。

ただし政府は、風評被害を起こさせないように攻めの広報に乗り出すべきである。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70937940T10C21A4MM0000/
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/2257
福島第一原発の貯水タンクの画像
https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/4/7/b/4/47b4ecda8ae901ff69b3181bec5a0bf8_1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

    中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を…

  2. 安全保障

    破綻の縁に追い込まれたキューバ経済! 政権側は体制の危機を認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反政…

  3. 安全保障

    台湾の巡視船に中国漁船が体当たり攻撃! 中国のネット民は大喜び!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!金門…

  4. 安全保障

    BLMがノーベル平和賞にノミネート! あの運動を「平和」だとする矛盾!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    森友問題で「赤木ファイル」が公開! さらに明白になった佐川理財局長の罪と安倍総理…
  4. 安全保障

    台湾のワクチン購入が突然白紙に! 背後に中国の影!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)
PAGE TOP