安全保障

福島原発で処理水海洋放出決定! 政府の英断を高く評価!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

福島第一原発の敷地内に貯まる一方だった処理水について、政府が海洋放出の決断をしっかりと下したことを素直に評価したい。

問題とされているのはトリチウム(三重水素)だが、そもそも自然界にはトリチウムは普通に存在する。日本に降る雨に含まれる年間トリチウム量は220兆ベクレルである。

通常水1リットルには1ベクレルのトリチウムがあるとされているので、体重70キロくらいの人であれば体内に50ベクレル程度のトリチウムがあることになる。

トリチウムは非常に弱い放射線しか出さないので、外部被曝の影響は皆無と言ってもよいレベルだ。例えば同じベクレル数であれば、人体に対する影響はトリチウムはセシウム137の700分の1以下しかない。

福島第一原発に蓄えられている処理水は、放出時に海水によって100倍以上に希釈され、その結果としてWHO(世界保健機関)の飲料水水質ガイドラインの1/7程度にまで濃度は薄められることになる。

希釈された処理水は海の中でさらに急激に希釈されることになるから、近隣でモニタリング調査を行ってもその濃度は検出限界以下になる可能性すら考えられるレベルだ。

IAEA(国際原子力機関)も今回の海洋放出の決定について「科学的に妥当で環境影響はない」としている。当然である。

さて、この決定に対して中国と韓国が騒がしく動いている。韓国外交部の崔鍾文第2次官は、相星孝一・駐韓日本大使を呼んで抗議した。中国外務省も「国際社会や近隣諸国と十分な協議をしないまま、汚染処理水の放出を一方的に決めた」と日本政府を非難し「深刻な懸念」を表明した。このあたりの声にいちいち反応するのはバカげている。

ただし政府は、風評被害を起こさせないように攻めの広報に乗り出すべきである。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70937940T10C21A4MM0000/
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/2257
福島第一原発の貯水タンクの画像
https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/4/7/b/4/47b4ecda8ae901ff69b3181bec5a0bf8_1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アイ…

  2. 安全保障

    難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)

    イラン革命防衛隊のホセイン・サラミ司令官は、宿敵イスラエルにつ…

  5. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    Clubhouseのデータはダダ漏れ! 中国のサーバに暗号化もなしで送信!(朝香…
  2. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)
  3. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)
  5. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも
PAGE TOP