安全保障

ミャンマーで反軍勢力19人に死刑判決! 日本は国連軍派遣を求めよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

クーデター後に混乱が続き、軍政に抵抗する国民の死者が700人を超えたミャンマーで、武器を持って国軍関係者2人を襲ったミャンマー国民19人に死刑判決が言い渡された。

この裁判は戒厳令下の軍事裁判として行われ、上訴はできないため、判決としてはこれで確定となる。

国軍の報道官は「木を育てるためには、雑草は根絶やしにしなければならない」「必要なら除草剤をまく」と発言し、クーデターに反対する国民を「雑草」として根絶やしにすることを言ってのけた。

このことからすれば、死刑判決を言い渡された19人に対する死刑の執行も、国際世論など無視して早期に行われる可能性も高い。(ただし、現在捕らえられているのは2人のみで、残る17人は逃亡中である。)

国軍の報道官はまた「もし機関銃を使えば1時間で500人が死ぬ」と述べ、武力行使は「限定的」だとの考えを示したが、すでに国軍が国民に対して機関銃や迫撃砲を使用しているのが確認されている。

ところで、今なお国軍と中国の関係を疑う見解を目にすることがあって驚くのだが、今回のクーデターをクーデターとして中国が認めていないこと、国際線が閉鎖された中でなぜか中国の昆明とヤンゴンの間で頻繁に飛行機が飛んでいること、反政府武装勢力の大半が国軍非難に動いている中で、親中派の「ワ州連合軍」が国軍非難を避けていることなどからしても、中国の深い関与は明らかである。そもそも国連安保理で国軍への制裁に反対する中国の存在がなければ、ミャンマーの状況は大きく変わっているはずだ。

それはともかくとして、日本政府は国連安保理に対してミャンマーへの国連軍の派遣を要請してみてはどうだろうか。これに対しても中国は「内政干渉」を理由に拒否を貫くことになるだろうが、これにより中国の国軍への関与がより明瞭に示されることになるはずだ。

ミャンマーに対する中国の姿勢のおかしさを浮き彫りにさせること、それによってあわよくば中国への制裁につながる方向性を日本がつけることもまた重要ではないだろうか。

日本政府にはぜひともこういう発想をしてもらいたいものである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB09CTZ0Z00C21A4000000/
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/world/news/210410/wor2104100016-n1.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5980
ミャンマーのデモの画像
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2021/03/17/20210317k0000m030350000p/9.jpg?1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)

    香港民主化運動のリーダーの岑子傑氏がハンマーで頭部を殴られ、血…

  2. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?

    英国は香港市民に英国の永住権を認めるのだろうか。英…

  3. 人権・民主主義

    民主党の運動員が市の選挙事務を掌握していた! ウィスコンシン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!先の…

  4. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  5. 人権・民主主義

    森友学園での許されない財務省の「認諾」による幕引き! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!森友…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)
  4. 道理

    本当に「外交的ボイコット」?! 踏み込みがまだまだ足りない岸田内閣!(朝香 豊)…
  5. 外交

    日本とのWTO紛争で韓国は100戦100勝だと胸を張る! ちなみに世耕氏の見解と…
PAGE TOP