安全保障

ミャンマーで反軍勢力19人に死刑判決! 日本は国連軍派遣を求めよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

クーデター後に混乱が続き、軍政に抵抗する国民の死者が700人を超えたミャンマーで、武器を持って国軍関係者2人を襲ったミャンマー国民19人に死刑判決が言い渡された。

この裁判は戒厳令下の軍事裁判として行われ、上訴はできないため、判決としてはこれで確定となる。

国軍の報道官は「木を育てるためには、雑草は根絶やしにしなければならない」「必要なら除草剤をまく」と発言し、クーデターに反対する国民を「雑草」として根絶やしにすることを言ってのけた。

このことからすれば、死刑判決を言い渡された19人に対する死刑の執行も、国際世論など無視して早期に行われる可能性も高い。(ただし、現在捕らえられているのは2人のみで、残る17人は逃亡中である。)

国軍の報道官はまた「もし機関銃を使えば1時間で500人が死ぬ」と述べ、武力行使は「限定的」だとの考えを示したが、すでに国軍が国民に対して機関銃や迫撃砲を使用しているのが確認されている。

ところで、今なお国軍と中国の関係を疑う見解を目にすることがあって驚くのだが、今回のクーデターをクーデターとして中国が認めていないこと、国際線が閉鎖された中でなぜか中国の昆明とヤンゴンの間で頻繁に飛行機が飛んでいること、反政府武装勢力の大半が国軍非難に動いている中で、親中派の「ワ州連合軍」が国軍非難を避けていることなどからしても、中国の深い関与は明らかである。そもそも国連安保理で国軍への制裁に反対する中国の存在がなければ、ミャンマーの状況は大きく変わっているはずだ。

それはともかくとして、日本政府は国連安保理に対してミャンマーへの国連軍の派遣を要請してみてはどうだろうか。これに対しても中国は「内政干渉」を理由に拒否を貫くことになるだろうが、これにより中国の国軍への関与がより明瞭に示されることになるはずだ。

ミャンマーに対する中国の姿勢のおかしさを浮き彫りにさせること、それによってあわよくば中国への制裁につながる方向性を日本がつけることもまた重要ではないだろうか。

日本政府にはぜひともこういう発想をしてもらいたいものである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB09CTZ0Z00C21A4000000/
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/world/news/210410/wor2104100016-n1.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5980
ミャンマーのデモの画像
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2021/03/17/20210317k0000m030350000p/9.jpg?1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米下院でウイグル人権法案可決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  2. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  4. 中国

    新型コロナウイルスは報道よりずっと危険! !(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!JB…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ報道の92%が否定的! メディア監視団体が調査報告書!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)
  4. 経済

    日本の半導体戦略の敗北 ! 日本自身が抱えている弱点を直視しよう!(朝香 豊)
  5. 外交

    日本の「戦犯企業」製品の不買条例が、ソウルと釜山で成立!
PAGE TOP