安全保障

米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

正直言って、自分の頭は今混乱している。

新型コロナウイルスが人工的なものだというのは、ノーベル賞学者のモンタニエ博士(フランス)が明言したことで確実になったと思われた。

だが、モンタニエ博士の発言に対しては、当初からフランス政府もアメリカ政府も慎重な態度を示していた。

そのため、これはどういうことなのだろうという違和感を、個人的には持っていた。

さらにここ数日、新型コロナウイルスが人為的に遺伝子操作されたものだということを否定する論調が強まっていた。

そしてついに、アメリカ国家情報長官室(DNI)が人為的遺伝子操作説を完全否定する異例のコメントを行ったのだ。

向いていたベクトルと逆方向に進んだように感じて、自分は混乱したわけだ。

ただ、人工説が否定されても、武漢のウイルス研究所から何らかの理由で漏れたという疑いは依然として残るのは当然だろうとも思っていた。

だが、DNIの異例のコメントに関連して、アメリカ上院の諜報特別委員会に所属するウォーナー議員は、同委員会が動物を取引する市場以外のところでこのウイルスが生まれたとする主張をかなり怪しいものだともともと考えていたと述べたのだ。

ということは、中国がもともと主張していたように、海鮮市場を通しての感染がスタートだったという認識になるのだろうか。

だとしたら、当初の患者の中に、海鮮市場との関わりを持たない人が多数いたことについて、どう説明をするのだろう。

今のアメリカの状況の中で、中国に有利な主張を敢えて取ることにアメリカが国益を見いだせるはずがない。

FoxNewsは未だに武漢のウイルス研究所からの漏洩説を前提としているようだが、これがアメリカの政界のコンセンサスというわけではないようだ。

というわけで、私の頭は混乱している。

納得の行く全体像を示してもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFoxNewsの記事
https://www.foxnews.com/politics/intel-boss-confirms-investigation-into-whether-coronavirus-the-result-of-an-accident-at-wuhan-lab
ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/policy/national-security/495449-intelligence-agency-confirms-investigation-into-origins-of?userid=493937
画像はFlickrから
https://www.flickr.com/photos/129635229@N02/49437638533

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  3. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

  4. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

    アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    光化門広場と道路を無許可で占拠し、親北の元老の葬儀を強行!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    中国ウイグル族活動家親族の迫害で、ポンペオ国務長官が懸念を表明! (朝香 豊)
  4. 外交

    コロナ騒動の中でも、ベネズエラに揺さぶりをかけるアメリカ! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の一帯一路構想に対抗! 日米豪で進める「ブルー・ドット・ネットワーク」計画を…
PAGE TOP