安全保障

無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

シアトルの中心部の一帯が「抗議者」たちに乗っ取られ、「自治区」の設立が宣言された。

「自治区」との境界にはバリケードが築かれ、「自治区」の内側には警官はいない。

この占拠にはシアトル市民の民意を反映させる法的な手続きなどまるでないのに、こうした無法行為があたかも「民意」の反映に基づく理想の実現であるかのように扱われている。

なお、この「自治区」には警察はいなくなったが、自警団的な武装組織が作られている。

資本主義国家の権力機構としての警察は全否定されるべき対象だが、「庶民の命を守る」ための実力組織は肯定の対象となるということだろう。

このものの見方は、社会主義あるいは無政府主義の見方と極めてよく似ている。

それは「抗議者」たちが警察だけでなく裁判所や牢獄の廃止まで求めているところにも表れている。

「改革」ではなく「廃止」だ。

実は彼らの要求項目は30も列挙されている。

ここではその詳細は述べないが、「革命的」というか「社会主義的」と呼ぶに値するような過激なものが多い。

この30項目がどのようなメンバーでどんな過程を経て作られたものかは、追及されてしかるべきだろう。

ジョージ・フロイド氏の死後に抗議運動に集まった人たちが、みんなで議論して決めたなんてことはないはずだ。

ジョージ・フロイド氏の死は偶発的なものだったのだろうが、こうした事件がいつ起こっても運動を仕掛ける準備が事前になされていたと考えるべきだ。

この運動を仕切る何らかの組織が背後にいるのは間違いない。

その証拠として、この「自治区」では、なんと食事が無料で配られている。

背後には資金源となる組織が間違いなくある。

さて、シアトルやシアトルのあるワシントン州は民主党勢力が強く、州知事も市長も民主党だ。

それでトランプ大統領が「こうした醜悪な無政府主義者たちはストップさせなければならない」とツイートしたことに反発し、放っておいてくれという反応を見せている。

そもそもシアトル市長は「抗議者」たちに静かにこの地区を明け渡したような感じであり、こうした「自治区」を容認する姿勢を示しているのだ。

こうした無法な占拠を容認する姿勢が、こうした民主党の為政者の中にももともとあるということなのだろう。

民主党と「リベラル」派の闇を浮き彫らせるのに、この占拠事件は大いに貢献するはずだ。

今は支持率を大きく落としているトランプ大統領であるが、法と秩序を断固として守らせる彼の姿勢は、大きな声を上げない普通のアメリカ国民の支持を逆に集めることになるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の占拠した「抗議者」たちの要求項目
https://medium.com/@seattleblmanon3/the-demands-of-the-collective-black-voices-at-free-capitol-hill-to-the-government-of-seattle-ddaee51d3e47
ネタ元のForbesの記事
https://www.forbes.com/sites/alexandrasternlicht/2020/06/11/movies-snacks-poetry-in-seattles-protester-occupied-capitol-hill-autonomous-zone-photos/#58b84dfd7163
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3287963?cx_part=latest
画像はNew York Times の記事から
https://www.nytimes.com/2020/06/11/us/seattle-autonomous-zone.html
https://static01.nyt.com/images/2020/06/11/world/11unrest-seattle-1sub/merlin_173426742_c6aa5064-f143-47e4-a66d-78bb74bf53d7-articleLarge.jpg?quality=75&auto=webp&disable=upscale

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)

    韓国での次期韓国大統領候補選好度の調査では、チョ・グク氏は1ヶ…

  2. 道理

    青山繁晴・弘兼憲史のタッグで皇位継承漫画発刊へ!(朝香 豊)

    自民党の保守系有志議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」代表…

  3. 安全保障

    愛媛銀行経由で5億円超、埼玉県信用組合経由で19億円のマネロン発覚! (朝香 豊)

    愛媛銀行大阪支店に口座を持つ男性が、同行の石井支店の窓口を利用…

  4. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!過去…

  5. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国がまたまた検事の大異動を発表! 政権疑惑潰しをさらに進める!(朝香 豊)
  2. 経済

    欧州中央銀行のドラギ総裁が、積極財政に言及!(朝香 豊)
  3. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか…
PAGE TOP