安全保障

無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

シアトルの中心部の一帯が「抗議者」たちに乗っ取られ、「自治区」の設立が宣言された。

「自治区」との境界にはバリケードが築かれ、「自治区」の内側には警官はいない。

この占拠にはシアトル市民の民意を反映させる法的な手続きなどまるでないのに、こうした無法行為があたかも「民意」の反映に基づく理想の実現であるかのように扱われている。

なお、この「自治区」には警察はいなくなったが、自警団的な武装組織が作られている。

資本主義国家の権力機構としての警察は全否定されるべき対象だが、「庶民の命を守る」ための実力組織は肯定の対象となるということだろう。

このものの見方は、社会主義あるいは無政府主義の見方と極めてよく似ている。

それは「抗議者」たちが警察だけでなく裁判所や牢獄の廃止まで求めているところにも表れている。

「改革」ではなく「廃止」だ。

実は彼らの要求項目は30も列挙されている。

ここではその詳細は述べないが、「革命的」というか「社会主義的」と呼ぶに値するような過激なものが多い。

この30項目がどのようなメンバーでどんな過程を経て作られたものかは、追及されてしかるべきだろう。

ジョージ・フロイド氏の死後に抗議運動に集まった人たちが、みんなで議論して決めたなんてことはないはずだ。

ジョージ・フロイド氏の死は偶発的なものだったのだろうが、こうした事件がいつ起こっても運動を仕掛ける準備が事前になされていたと考えるべきだ。

この運動を仕切る何らかの組織が背後にいるのは間違いない。

その証拠として、この「自治区」では、なんと食事が無料で配られている。

背後には資金源となる組織が間違いなくある。

さて、シアトルやシアトルのあるワシントン州は民主党勢力が強く、州知事も市長も民主党だ。

それでトランプ大統領が「こうした醜悪な無政府主義者たちはストップさせなければならない」とツイートしたことに反発し、放っておいてくれという反応を見せている。

そもそもシアトル市長は「抗議者」たちに静かにこの地区を明け渡したような感じであり、こうした「自治区」を容認する姿勢を示しているのだ。

こうした無法な占拠を容認する姿勢が、こうした民主党の為政者の中にももともとあるということなのだろう。

民主党と「リベラル」派の闇を浮き彫らせるのに、この占拠事件は大いに貢献するはずだ。

今は支持率を大きく落としているトランプ大統領であるが、法と秩序を断固として守らせる彼の姿勢は、大きな声を上げない普通のアメリカ国民の支持を逆に集めることになるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の占拠した「抗議者」たちの要求項目
https://medium.com/@seattleblmanon3/the-demands-of-the-collective-black-voices-at-free-capitol-hill-to-the-government-of-seattle-ddaee51d3e47
ネタ元のForbesの記事
https://www.forbes.com/sites/alexandrasternlicht/2020/06/11/movies-snacks-poetry-in-seattles-protester-occupied-capitol-hill-autonomous-zone-photos/#58b84dfd7163
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3287963?cx_part=latest
画像はNew York Times の記事から
https://www.nytimes.com/2020/06/11/us/seattle-autonomous-zone.html
https://static01.nyt.com/images/2020/06/11/world/11unrest-seattle-1sub/merlin_173426742_c6aa5064-f143-47e4-a66d-78bb74bf53d7-articleLarge.jpg?quality=75&auto=webp&disable=upscale

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  2. 人権・民主主義

    香港民主派議員が襲撃され、耳を半分食いちぎられる!(朝香 豊)

    ありえない暴力が蔓延している香港で、男性4名、女性1名が病院で…

  3. 外交

    日本の「戦犯企業」製品の不買条例が、ソウルと釜山で成立!

    ソウル市と釜山市で相次いで、日本企業280社余りを「戦犯企…

  4. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  5. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  6. 人権・民主主義

    統計的に見てあまりに異常! 激戦州でのバイデン票!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!統計…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    具体策が見えないぞ! 河野太郎氏出馬会見!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝…
  3. 安全保障

    仲裁裁判所の判決を無視しろ、そうしたら南シナ海の共同開発の利権を与えてやると、中…
  4. 安全保障

    文在寅大統領は日韓GSOMIAの維持をあくまでも拒否! エスパー国防長官の要求を…
  5. 人権・民主主義

    中国は香港を支持したNBAのモリー氏の解雇を要求! NBAはこれを拒否! 全米中…
PAGE TOP