経済

韓国で「言論懲罰法」が成立目前! 文在寅の危険な野望!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

現在韓国では、言論の自由、報道の自由が完全に潰されかねない深刻な事態が進展している。与党・共に民主党が「言論仲裁法改正案」を推進し、今月の25日に国会で成立させようと動いているからだ。既に7月27日に委員会採決を強行突破している。

「言論仲裁法改正案」は「言論懲罰法」とも呼ばれ、「虚偽・操作報道」を規定し、被害額の最大5倍までの懲罰的賠償を報道機関に課せるようにするという内容を含んでいる。政府が気に入らない報道は「フェイクニュース」だと規定し、多大な罰金を科すと脅すことで政権批判を抑え込もうというものだと考えればよい。

韓国では政権に批判的な公務員が罷免されるという事件が起こっている。韓民鎬(ハン・ミンホ)文化体育観光部局長が、国家公務員法の誠実義務と品位維持義務に違反したとして、2019年10月に罷免されたのである。

文在寅大統領は最低賃金を大幅に引き上げる所得主導成長政策を行って多くの中小企業を廃業に追い込み、役に立たない反日扇動を繰り返し、産業力をなくさせる脱原発政策を推進してきた。こんなことをやっていたのでは韓国はもたないと、韓民鎬氏はSNS上でこうした文在寅大統領の政策を批判していた。これが文政権の怒りを買ったのである。

ちなみに韓民鎬氏は2017年のアンケート調査で『最も望ましくて見習いたい管理者』に選ばれほど、部下や同僚の信頼の厚い公務員の鑑であった。こんな韓民鎬氏が自分のSNS上で政権批判を行ったことを問題にして、誠実義務と品位維持義務に違反したとして罷免したのが文政権である。この文政権が今回の「言論仲裁法改正案」を用意しているところに、この法案の危険性が如実に表れていると言えるのではないだろうか。

世界新聞協会は、韓国政府や与党・共に民主党に対して言論仲裁法改正案を直ちに撤回するよう求めた。協会トップのヴィンセント・ペイレーニュ氏は「改正案がこのまま推進されることになれば、大韓民国政府は改革という名により、自由で批判的な討論を事実上抑制しようとする最悪の権威主義政権になるだろう」と述べている。

マスコミ関係者からなる「全国言論労働組合」も同改正案は言論改革の仮面をかぶった『言論統制』であり『言論蹂躪』であると批判している。

与党・共に民主党は若干の修正を認める動きを見せてはいるが、撤回する意思はないようである。韓国がかなり危険な状況になってきたことには注目しておきたい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

japanese.joins.comの記事
https://japanese.joins.com/JArticle/281827
news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/c880e8fac40e5b0d97af03426561d5e5e6ca6f08
文在寅大統領の画像
https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/e/e/1080m/img_eed4b7b023400a5e05d7ffbe9ba86cc597030.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

  2. 経済

    韓国の建設会社の28%が利払い不能状態に!(朝香 豊)

    韓国の建設会社のうち、外部監査の対象となる1833社の昨年の事…

  3. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 道理

    韓国検察、大統領弾劾へ一歩踏み出したか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!韓国の…

  5. 経済

    全く信用できない中国のGDP統計! 2021年もありえない数字を並べまくる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!休業…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港民主化運動がノーベル平和賞候補へ! 米超党派議員が推薦!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    球磨川水系で甚大な被害! ダム建設を止めた勢力を曖昧にさせるな! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
PAGE TOP