道理

NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

NHKは3月1日から、ネット同時配信サービスの「NHKプラス」を試験的に開始した。

このことによって、テレビ受像機を持たない世帯でも、NHKの放送サービスを受けられる可能性が広がることもあり、テレビの有無にかかわらず、全世帯が受信料を負担する方式への変更などを考えているようだ。

さて、NHKの受信料は、今は2割弱の世帯が不払いとなっていて、未契約者の訪問など徴収にかかる費用は年800億円ほどにも及ぶという。

今後も契約数が減り、受信料収入が落ち込むことになれば、公共放送の安定的な運営に支障が出かねないというのが、彼らの論理だ。

かつて日本全国のどの場所であっても放送を視聴できる環境を作ることは、防災などの観点から必要であった。

そのための設備費用を賄うのに、NHKの受信料という仕組みはある程度の有効性を持っていたとは言えるだろう。

だが、インターネットが当たり前になった現在、はっきり言えば地上波という存在自体が不必要になっている。

放送は全てインターネットに移管させてしまって、テレビやラジオが利用している電波帯を別の形で有効利用した方が、国家経済的にはむしろ望ましいのが実際だ。

全国どこでも放送を視聴できる環境を整備するために、利用者から幅広く受信料を集めるということ自体が、大義名分を完全に失っていると言えるだろう。

また、NHKが公共放送という建前を大切にするなら、放映後一定期間が経過した番組は、国民誰もが利用できる無料の資産として整備されるのが当然のことだ。

インターネット時代になって、そうした過去の膨大な資産を無料公開することは、さほど難しいことではなくなってきた。

だが、NHKはそうした形での過去番組の活用を全く考えてこず、子会社を通じて高額販売を続けてきた。

こうした姿勢にも、公共放送の担い手という意識が欠如していることは明白だ。

さらに、放送番組の内容にしても、民放が放送するのがふさわしい内容のものが多かったり、日本国の立場で放送すべき立場にありながら、真逆に日本国を貶める立場での放送が多くなっているという現実に、怒りを覚える視聴者も多い。

「天安門事件では多くの若者が殺されたと言われているが、実は殺されたのは一人もいないことがわかった」などという、中国共産党のプロパガンダ通りの放送をすることさえある。

加えて、普通の企業に勤めるサラリーマンの何倍もの高給をもらいながら、不祥事が後を絶たない体質に疑問を感じる人も多い。

現在のNHKのあり方は、インターネット時代に移行した社会のあり方からしても、製作したコンテンツの扱いの観点から言っても、番組内容の観点からしても、モラルの薄い体質からしても、とても支持できるものではない。

テレビの有無に関わらず、全世帯から受信料を徴収するなど、到底認めるわけにはいかない。

抗議の声を、総務省にみんなでジャンジャン伝えようではないか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56389800U0A300C2EE8000/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!金融…

  2. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反移…

  3. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

    香港のキャリー・ラム行政長官が意味深な発言。発表し…

  5. 道理

    ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)

    ウィーワークの件から、ソフトバンクの投資企業の企業評価に厳しい…

  6. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)

    アメリカのロチェスター大学のイーストマン・フィルハーモニー管弦…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    米下院でウイグル人権法案可決!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)
  4. 経済

    政府は大規模減税を示唆! 新型コロナ対策で!(朝香 豊)
  5. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
PAGE TOP