経済

矛盾の中国財政! 表は緊縮、裏は拡張!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国では財政危機が進行している。

李克強首相は5月に開かれた全国人民代表大会(全人代)の政府活動報告において、中央政府も必要ではない支出を50%削減しているから、地方政府も予算の削減を進めるようにと求めた。

7月23日の国務院(内閣)の会議においても再び、李克強首相は地方政府に対して、財政難に耐え倹約を習慣にするように求めた。

中国メディア「21世紀経済報道」によると、今年上半期の財政収入は、上海市がマイナス12.2%、北京市がマイナス11%となっている。

コロナウイルスで甚大な被害が生じた湖北省の財政収入はマイナス38%を超えている。

実際にはこうした建前よりもずっと厳しいのだろうと思うが、それはともかくとして、中央政府も地方政府も減った収入に合わせて歳出を削ることが求められているのは確かだ。

ただ、表の財政では緊縮傾向を強めながらも、実は裏の財政は拡大している。

地方政府は「融資平台」と呼ばれる投資会社を持っている。

地方政府本体とは建前上は別組織なので、会計上は表の財政に影響を与えない。

「融資平台」は金融機関や投資家からお金を集め、不動産投資・インフラ投資などに資金を振り向ける。

コロナ禍で沈んだ経済を上向かせるために、今年はこの「融資平台」を通じた投資が激増している。

2020年に入ってからの半年ほどの間で、「融資平台」が社債発行によって調達した資金は50兆円ほどになる。

つまり、このまま行けば、年間ベースで100兆円近い金額になりそうな勢いだ。

日本の公共投資(公的資本形成)は、中央政府・地方政府・公営企業を合わせて年間27兆円程度であるから、これと比較してもどれほど大きいかわかるだろう。

なお、現在「融資平台」が集める社債の金利は5〜10%程度とされ、そんな高いリターンが見込める投資があるとはとても思えない。

中国の大手格付け会社の中誠信国際信用評級によると、2019年末の地方政府の隠れ債務は43兆元(650兆円)ほどだとされている。

地方政府本体の公式な債務残高の24兆元(360兆円)と合わせると、日本円で1000兆円ほどになる。

そしてすでにぽつぽつ事故も起こっている。

例えば貴州省遵義市の「融資平台」が今年の3月に債務不履行を起こした。

遼寧省営口市の「融資平台」では、5億元の社債が5月に満期を迎えるのに、償還に充てられる現預金が4000万元しかないことが発覚した。

営口市の場合にはどこからか資金は調達できたようで、「無事」償還を迎えられた。

だが、救済資金の出どころはわかっていない。

習近平指導部は資金供給に万全を期すように求めていることから、こういう意向を汲んだ救済資金がどこからか提供されているのは間違いないが、行き詰まった「融資平台」全てを救済するのにこうした救済資金をあてがうことはできないだろう。

普通の資本主義国では到底認められない重債務をさらに拡大させながら、決定的な破綻を先延ばしにしているのが中国だ。

経済実勢を見るに、こうした経済のあり方が行き詰まりに近づいているのは確実である。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61732590Q0A720C2FF8000/
大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/60052.html
画像は日刊工業新聞から(李克強)
https://d1z3vv7o7vo5tt.cloudfront.net/medium/article/img1_file5ab0a9909bb5d.jpg
画像はインベストオンラインから(下落トレンド)
https://invest-online.jp/wp/wp-content/uploads/2019/05/kanteishi-5point2e-min.png
画像はブログ「大局観」から(融資平台の仕組み)
https://stat.ameba.jp/user_images/20121216/01/sekaihe2/e0/d8/j/o0366033012332047498.jpg
画像は東網から(融資平台残高)
https://si.wsj.net/public/resources/images/OG-EI092_CCITYD_4U_20200511224536.png
画像はウォール・ストリート・ジャーナルから(中国負債高危険省)
https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/finance/20190523/photo/bkn-20190523175853766-0523_00842_001_02p.jpg?20190523190323
画像はPixabayから(五星紅旗)
https://pixabay.com/ja/illustrations/中国-フラグ-中華人民共和国-1184107/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自衛…

  3. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国で加速する国進民退! これにより中国経済が崩壊する!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)
  4. 経済

    2020年は中国企業のドル建て債のデフォルトラッシュか?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    百度、アリババ、テンセントは「中国共産党の武器」だと、米国務省が名指しで批判! …
PAGE TOP