人権・民主主義

「全体主義とは共産党」に反発する共産党の主張は破綻している!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国民民主党の玉木雄一郎代表が連合との政策協定で排除すべき対象とされた「全体主義」とは「共産党のことだ」と名指ししたことについて、共産党の田村智子政策委員長は「事実と違う発言だ」と強く否定した。

田村氏に真っ先に尋ねたいのは、日本共産党はマルクス・レーニン主義の党であることを否定したことがあるのかという点だ。今や「マルクス・レーニン主義」という言葉は「科学的社会主義」という言葉に置き換えられているが、内容は同じである。マルクスは共産党を革命を正しく導く前衛党(指導政党)とし、この前衛党に導かれた「プロレタリア独裁」がなければ社会主義革命は打ち立てられないと考えた。「プロレタリア独裁」とは社会主義に至る移行期間においては、社会主義に対する「敵」からその自由を奪い、排除するというものだ。「プロレタリア独裁」は日本共産党によって「労働者階級の権力」とか「社会主義をめざす権力」といった言葉に変えられたが、「プロレタリア独裁」という考えを日本共産党は捨ててはいない。

そしてこの立場から、「社会民主主義」と呼ばれる漸進的な立場を徹底的に批判してきた。「社会民主主義」とは、働く立場の要求を経営層にぶつけ、経営層との話し合いで労働者の条件を改善していくといったものである。個別企業の職場の状況改善だけでなく、労働時間規制、社会保険の充実、累進課税の強化などの社会制度変革も目指すものでもあるが、それではいつまでたっても資本主義体制をひっくり返せないではないかというのが共産党の言い分であり、それゆえその立場は労働者階級の本質的な利益とは敵対するとの考えであった。

不破哲三氏は著書『人民的議会主義』の中で「社会主義日本では、労働者階級の権力、すなわち、プロレタリアート独裁が樹立されなければならない」と書いているが、この立場を間違っていたとして共産党が路線変更したという話は聞いたことがない。そして不破氏は今なお日本共産党に大きな影響力を行使しているのはよく知られた話だ。

レーニンも「プロレタリアート独裁」について「共産主義革命に反対する階級敵や反動勢力による反抗や反革命は、法律によって制限されず、暴力に立脚して打倒する、労働者階級の権力」だと、「国家と革命」の中で規定している。

もし共産党が「全体主義」ではないというのであるなら、「プロレタリア独裁」を放棄して、社会民主主義政党へと鞍替えしなければならない。そして社会民主主義政党に対して行ってきた数々の非難を自己批判しなければならない。そしてそのことは「マルクス・レーニン主義」を放棄することを意味し、「共産党」という名称を捨て去ることを選択することにもつながる話になってくる。

ここまでの動きを行ってからでないと、「全体主義」との批判を「事実と違う」と否定することはできない。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

mainichi.jpの記事
https://mainichi.jp/articles/20210716/k00/00m/010/467000c.amp
赤旗の記事
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-07-17/2021071701_04_0.html
田村智子の画像
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-07-17/2021071701_04_0.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    中国は2月段階でワクチン生産! 開発責任の陳薇少将が公言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

    香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香…

  3. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!肖建…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  5. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?

    英国は香港市民に英国の永住権を認めるのだろうか。英…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)
  2. 経済

    ルノーサムスン協力会社が閉鎖! スト頻発でギブアップ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    アメリカの FOX NEWS が中国の臓器刈りについて、8分に及ぶ特集を放送!(…
  4. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
PAGE TOP