人権・民主主義

「全体主義とは共産党」に反発する共産党の主張は破綻している!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国民民主党の玉木雄一郎代表が連合との政策協定で排除すべき対象とされた「全体主義」とは「共産党のことだ」と名指ししたことについて、共産党の田村智子政策委員長は「事実と違う発言だ」と強く否定した。

田村氏に真っ先に尋ねたいのは、日本共産党はマルクス・レーニン主義の党であることを否定したことがあるのかという点だ。今や「マルクス・レーニン主義」という言葉は「科学的社会主義」という言葉に置き換えられているが、内容は同じである。マルクスは共産党を革命を正しく導く前衛党(指導政党)とし、この前衛党に導かれた「プロレタリア独裁」がなければ社会主義革命は打ち立てられないと考えた。「プロレタリア独裁」とは社会主義に至る移行期間においては、社会主義に対する「敵」からその自由を奪い、排除するというものだ。「プロレタリア独裁」は日本共産党によって「労働者階級の権力」とか「社会主義をめざす権力」といった言葉に変えられたが、「プロレタリア独裁」という考えを日本共産党は捨ててはいない。

そしてこの立場から、「社会民主主義」と呼ばれる漸進的な立場を徹底的に批判してきた。「社会民主主義」とは、働く立場の要求を経営層にぶつけ、経営層との話し合いで労働者の条件を改善していくといったものである。個別企業の職場の状況改善だけでなく、労働時間規制、社会保険の充実、累進課税の強化などの社会制度変革も目指すものでもあるが、それではいつまでたっても資本主義体制をひっくり返せないではないかというのが共産党の言い分であり、それゆえその立場は労働者階級の本質的な利益とは敵対するとの考えであった。

不破哲三氏は著書『人民的議会主義』の中で「社会主義日本では、労働者階級の権力、すなわち、プロレタリアート独裁が樹立されなければならない」と書いているが、この立場を間違っていたとして共産党が路線変更したという話は聞いたことがない。そして不破氏は今なお日本共産党に大きな影響力を行使しているのはよく知られた話だ。

レーニンも「プロレタリアート独裁」について「共産主義革命に反対する階級敵や反動勢力による反抗や反革命は、法律によって制限されず、暴力に立脚して打倒する、労働者階級の権力」だと、「国家と革命」の中で規定している。

もし共産党が「全体主義」ではないというのであるなら、「プロレタリア独裁」を放棄して、社会民主主義政党へと鞍替えしなければならない。そして社会民主主義政党に対して行ってきた数々の非難を自己批判しなければならない。そしてそのことは「マルクス・レーニン主義」を放棄することを意味し、「共産党」という名称を捨て去ることを選択することにもつながる話になってくる。

ここまでの動きを行ってからでないと、「全体主義」との批判を「事実と違う」と否定することはできない。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

mainichi.jpの記事
https://mainichi.jp/articles/20210716/k00/00m/010/467000c.amp
赤旗の記事
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-07-17/2021071701_04_0.html
田村智子の画像
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-07-17/2021071701_04_0.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    道理

    やっちまった〜! 原田環境相の「処理水の海洋放出しかない」発言を、小泉新環境相がさっそくお詫び

    小泉進次郎環境相兼原子力防災担当相は、就任後すぐに福島県を訪問…

  2. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    BLMがノーベル平和賞にノミネート! あの運動を「平和」だとする矛盾!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 人権・民主主義

    マスコミは本質を報道せよ! 技能実習制度の問題点は何か? (平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)
  3. 道理

    「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊…
PAGE TOP