人権・民主主義

中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国のある医療チームが、江蘇省無錫市で世界初の新型コロナウイルス感染者の両肺移植に成功した。

このチームを率いたのは、肺移植専門家として知られる、日中友好病院(現地名では「中日友好医院」)の陳靜瑜主任だ。

陳主任は、中国共産党の全国人民代表大会(全人代)の代表でもある。

さて、この成功は、海外のSNS上で大きな波紋を呼んでいる。

両肺移植を行うためには、当然だが、健康的で適合性のある肺が用意されなければならないからだ。

そんな都合のいい脳死患者が、このタイミングで現れるのだろうか。

ちなみに、陳主任は、法輪功に入っている人からの臓器狩りに加担した疑いを、海外の人権団体から持たれている人物でもある。

下の方にこれを報じたYouTubeの動画を貼っておいた。

ぜひ見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

画像も同番組から
https://i.ytimg.com/vi/7Oc7Txufh1E/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    Clubhouseのデータはダダ漏れ! 中国のサーバに暗号化もなしで送信!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    アメリカだって有罪率は99%超だった! 日本を一方的に非難するな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レバ…

  4. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デン…

  6. 安全保障

    進むドイツの左傾化! 日本やアメリカとの共通点の鍵はマスコミだ!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!川口…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国、GDP成長率6%目標を事実上取り下げる! 景気減速はごまかせない!(朝香 …
  4. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)
PAGE TOP