安全保障

クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

横浜に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に関して、連日大量の感染者が次々と明らかにされる中で、日本の検疫のあり方に問題があったのではないかとの疑惑が大々的に報じられてきた。

ニューヨーク・タイムズは「『こうしてはいけない』と教科書に載る見本だ」だと酷評した。

さらに、神戸大学の岩田健太郎教授は、船内ではグリーンゾーンとレッドゾーンの区分けが十分に行われておらず、それによって異常な感染の広がりを生んでしまったのだと主張し、それによってさらに疑念が噴出した。

ところが、国立感染症研究所が発表した「現場からの概況:ダイアモンドプリンセス号におけるCOVID-19症例」とのレポートからは、全く別の姿が浮かび上がった。

実は日本の対応は極めて適切で、日本の検疫が入ってからは、乗客の感染はほぼ防止されていたことが明らかになったのだ。(乗員についてはそうはなっていないが。)

レポートによると、2月18日段階で発症日が確認できた症例(184人)のうち、2月6日より前に発症した人が33名で、2月6日以降に発症した人が151名であった。

2月6日以降の発症者のうち、最も多い発症日は2月7日で、その後は発症者が少なくなっていっている。

これは感染者の大半が2月5日から始まる日本の検疫の開始前に罹患していて、潜伏期間を経て徐々に症状を呈するようになったと考えると辻褄が合う。

2月15日にはついに乗客の新規の発症者はゼロになっている。

2月5日までに感染していた人がその後バラバラな潜伏期間を経た後にどんどんと症状を呈するようになったが、2月14日に発症した1名を最後に、発症者がいなくなったと考えられるのだ。

ただし、クルーズ船の船内隔離については、同じ部屋に家族などが複数人いる場合があり、家族間では2月5日以降に感染を移した例もあるようだ。

こうした例があったのはやむをえなかっただろう。

乗員に関しては、その居住環境に配慮して、早期に入れ替えるべきだったとは言える。

入れ替えを行わなかったことが、検疫開始後の乗員の感染を引き起こしたというのは反省点になる。

だが、少なくとも乗客に関しては、日本の対応は極めて適切であることが判明したと言える。

空調を通じての空気感染についても、このデータを見る限りは否定されたと言ってよいかと思う。

悪質な日本を叩きを行ったニューヨーク・タイムズには、こうした事実の提示を行うとともに、日本政府はきちんと記事の取り消しと謝罪を申し入れるべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったは国立感染症研究所のレポート
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9410-covid-dp-01.html
画像も同上
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/2019-nCoV/COVID-DP-Fig1.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スリ…

  3. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

    アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝…

  4. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」と、イギリスが要求!(朝香 豊)
  2. 道理

    「ウソも表現の自由なのか」と、河村市長! トリエンナーレで津田氏を批判!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    中国に言論の自由を求める大きな動き発生! 習近平体制は終わるか?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)
PAGE TOP