安全保障

香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港の民主派新聞である「蘋果日報(Apple Daily)」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏を、中国政府は「国家安全維持法」違反の疑いで逮捕した。

逮捕される黎智英氏

ふたりの息子も拘束されたようだ。

「蘋果日報」本社にも家宅捜索が行われ、編集主幹ら7名が逮捕された。

黎智英氏は言論の自由を呼びかけて闘ってきた、民主の闘士である。

6年前の雨傘運動の時も運動の組織化に尽力し、自由民主運動を言論で支えてきた。

「蘋果日報」は香港で最も売れる新聞であり、中国共産党は「蘋果日報」と黎智英氏を目の敵にしてきた。

黎智英氏は自宅に火焔瓶を投げ込まれたことも度々あったが、ひるむことなく民主のために命を尽くしてきた。

1年ほど前に訪米した際には、ペンス副大統領、ポンペオ国務長官と面会したことがあったが、これが7月1日に施行された「国家安全維持法」に規定する「外国と共謀した罪」にあたると、中国政府は判断したのかもしれない。

香港は、民主派の議席増が確実な立法委員選挙(議会選挙)を、コロナを理由に1年間延期し、民主派の立候補予定者を次々と理由を付けてはその資格を剥奪した。

立候補資格を認められなかった黄之鋒氏

外国に逃れた活動家たち11名の指名手配も行った。

香港の民主主義に対する理不尽な弾圧が強まれば強まるほど、西側諸国の反中的な姿勢は固まらざるをえない。

フォルクスワーゲンの救済を中国工商銀行にお願いしたドイツであっても、こうなると親中的態度を取り続けることは難しいであろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/082d8b371a48cc4f800560c14e9f6a366b57edc7
Branding in Asiaからの引用画像(Apple-Daily-Hong-Kong)
https://www.brandinginasia.com/wp-content/uploads/2020/02/Apple-Daily-Hong-Kong-Branding-in-Asia.jpg
聯合新聞網からの引用画像(逮捕される黎智英氏)
https://pgw.udn.com.tw/gw/photo.php?u=https://uc.udn.com.tw/photo/2020/08/10/realtime/8338130.jpeg&x=0&y=0&sw=0&sh=0&sl=W&fw=800&exp=3600&w=930
大竹財団からの引用画像(雨傘運動)
https://ohdake-foundation.org/wp-content/uploads/2018/10/ransei_12_w.jpg
AFPBBからの引用画像(立候補資格を認められなかった黄之鋒氏)
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/a/-/img_2a3d3ba2a8b5ca4e0a795038c3195956120328.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    日本は韓国ほど検査していない! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元F…

  3. 人権・民主主義

    台湾で香港を支持する5万人集会! 香港に自由を! (朝香 豊)

    雨の中開かれたにも関わらず、香港を支持する集会に5万人が参加し…

  4. 経済

    中国、GDP成長率6%目標を事実上取り下げる! 景気減速はごまかせない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)

    マサチューセッツ工科大学は商務省のエンティティリスト(ブラック…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米軍から韓国軍への戦時作戦統制権の移管はやめろ! 歴代の韓国軍トップが連名で建議…
  3. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)…
  5. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)
PAGE TOP