安全保障

香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港の民主派新聞である「蘋果日報(Apple Daily)」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏を、中国政府は「国家安全維持法」違反の疑いで逮捕した。

逮捕される黎智英氏

ふたりの息子も拘束されたようだ。

「蘋果日報」本社にも家宅捜索が行われ、編集主幹ら7名が逮捕された。

黎智英氏は言論の自由を呼びかけて闘ってきた、民主の闘士である。

6年前の雨傘運動の時も運動の組織化に尽力し、自由民主運動を言論で支えてきた。

「蘋果日報」は香港で最も売れる新聞であり、中国共産党は「蘋果日報」と黎智英氏を目の敵にしてきた。

黎智英氏は自宅に火焔瓶を投げ込まれたことも度々あったが、ひるむことなく民主のために命を尽くしてきた。

1年ほど前に訪米した際には、ペンス副大統領、ポンペオ国務長官と面会したことがあったが、これが7月1日に施行された「国家安全維持法」に規定する「外国と共謀した罪」にあたると、中国政府は判断したのかもしれない。

香港は、民主派の議席増が確実な立法委員選挙(議会選挙)を、コロナを理由に1年間延期し、民主派の立候補予定者を次々と理由を付けてはその資格を剥奪した。

立候補資格を認められなかった黄之鋒氏

外国に逃れた活動家たち11名の指名手配も行った。

香港の民主主義に対する理不尽な弾圧が強まれば強まるほど、西側諸国の反中的な姿勢は固まらざるをえない。

フォルクスワーゲンの救済を中国工商銀行にお願いしたドイツであっても、こうなると親中的態度を取り続けることは難しいであろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/082d8b371a48cc4f800560c14e9f6a366b57edc7
Branding in Asiaからの引用画像(Apple-Daily-Hong-Kong)
https://www.brandinginasia.com/wp-content/uploads/2020/02/Apple-Daily-Hong-Kong-Branding-in-Asia.jpg
聯合新聞網からの引用画像(逮捕される黎智英氏)
https://pgw.udn.com.tw/gw/photo.php?u=https://uc.udn.com.tw/photo/2020/08/10/realtime/8338130.jpeg&x=0&y=0&sw=0&sh=0&sl=W&fw=800&exp=3600&w=930
大竹財団からの引用画像(雨傘運動)
https://ohdake-foundation.org/wp-content/uploads/2018/10/ransei_12_w.jpg
AFPBBからの引用画像(立候補資格を認められなかった黄之鋒氏)
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/a/-/img_2a3d3ba2a8b5ca4e0a795038c3195956120328.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    同一署名の郵便投票が2000通以上! ウィスコンシン州で発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!不正…

  3. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)
  2. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)…
  5. 経済

    緊急経済対策はあまりにもしょぼい! これは怒るべきだ!(朝香 豊)
PAGE TOP