道理

『弾劾訴追は民主党の自殺行為!」 トランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領は「今回の違法で党派的な弾劾は民主党にとって政治的な自殺行為だ」と批判した。

弾劾手続きで弱った大統領が強がりで言っているように見えるかもしれないが、私はこれは本当にその通りだと思う。

2020年はアメリカ民主党の破滅の始まりになるかもしれない。

まず、現状ではトランプ大統領は弾劾されていないということを確認しておく必要がある。

アメリカ民主党下院のナンシー・ペロシ院内総務は、上院が弾劾裁判手続きを提示するまで、同決議の上院送付と弾劾マネジャーの指名を遅らせると述べ、弾劾手続きを宙吊り状態に放置しているのだ。

下院での弾劾決議がなされただけで、決議が上院に送られていない段階では、トランプ大統領は弾劾されたことにはならない。

上院に送ったら、共和党が多数を握る上院では弾劾否決は確実で、あっさり短期で決着が着いてしまうのがわかっている。

だから引き延ばし戦術を取っているのだろうと見られているが、これ自体も民主党にとっては大きな打撃になっている。

民主党側の党利党略で動いているのがミエミエすぎるからだ。

以前にも書いたが、今回の民主党側の弾劾手続きの進め方を見て、無党派層の中でトランプ弾劾に否定的な意見が急激に増えている。

その上でこの宙吊り戦略による引き延ばしで、党利党略ぶりがより鮮明になってきた。

リベラル系マスコミがしつこくトランプ批判を続けてきたことにも、アメリカ国民はそのおかしさに徐々に気付いてきた。

アメリカではFOXニュースがリベラル系マスコミから一線を画しているが、今やFOXの視聴者数はリベラル系のCNNとMSNBCの視聴者数を合わせたものよりも多くなっている。

情報統制ができなくなってきた焦りが民主党の側にあり、その中で墓穴を掘っていく展開にみごとにはまってしまったのではないだろうか。

日本ではまだまだリベラル派による情報統制が厳しい環境にあるが、世の中が変わってきていることに、安倍政権にはもっと信頼を持ってもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-19/Q2RPO3DWX2PV01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)

    中国政府に9月から拘束されていた岩谷將・北海道大学法学研究科教…

  2. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)

    スペインの最高裁は、かつての反共の闘志で1975年に亡くなった…

  3. 道理

    韓国が新型コロナで北朝鮮を支援準備! 自国民よりも北朝鮮が大切!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 道理

    日本維新の会の国会議員団が訪韓へ 原則論を棚上げするなら行くのは反対!

    日本維新の会の国会議員団4人が訪韓する。団長で沖縄…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    トランプ票がバイデン票にやはり転換されたのか? ドミニオン投票集計機!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)
PAGE TOP