道理

『弾劾訴追は民主党の自殺行為!」 トランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領は「今回の違法で党派的な弾劾は民主党にとって政治的な自殺行為だ」と批判した。

弾劾手続きで弱った大統領が強がりで言っているように見えるかもしれないが、私はこれは本当にその通りだと思う。

2020年はアメリカ民主党の破滅の始まりになるかもしれない。

まず、現状ではトランプ大統領は弾劾されていないということを確認しておく必要がある。

アメリカ民主党下院のナンシー・ペロシ院内総務は、上院が弾劾裁判手続きを提示するまで、同決議の上院送付と弾劾マネジャーの指名を遅らせると述べ、弾劾手続きを宙吊り状態に放置しているのだ。

下院での弾劾決議がなされただけで、決議が上院に送られていない段階では、トランプ大統領は弾劾されたことにはならない。

上院に送ったら、共和党が多数を握る上院では弾劾否決は確実で、あっさり短期で決着が着いてしまうのがわかっている。

だから引き延ばし戦術を取っているのだろうと見られているが、これ自体も民主党にとっては大きな打撃になっている。

民主党側の党利党略で動いているのがミエミエすぎるからだ。

以前にも書いたが、今回の民主党側の弾劾手続きの進め方を見て、無党派層の中でトランプ弾劾に否定的な意見が急激に増えている。

その上でこの宙吊り戦略による引き延ばしで、党利党略ぶりがより鮮明になってきた。

リベラル系マスコミがしつこくトランプ批判を続けてきたことにも、アメリカ国民はそのおかしさに徐々に気付いてきた。

アメリカではFOXニュースがリベラル系マスコミから一線を画しているが、今やFOXの視聴者数はリベラル系のCNNとMSNBCの視聴者数を合わせたものよりも多くなっている。

情報統制ができなくなってきた焦りが民主党の側にあり、その中で墓穴を掘っていく展開にみごとにはまってしまったのではないだろうか。

日本ではまだまだリベラル派による情報統制が厳しい環境にあるが、世の中が変わってきていることに、安倍政権にはもっと信頼を持ってもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-19/Q2RPO3DWX2PV01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 道理

    「正義」であれば、勝手に何をやっても許されるのか? 断固取り締まるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!"B…

  2. 道理

    違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 安全保障

    中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  6. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝…
  2. 安全保障

    米バイデン政権が備蓄した石油の放出を要請! 自らの責任は棚上げはおかしい!(朝香…
  3. 外交

    中国企業の人工島建設提案をツバルは拒絶! 親台湾姿勢を堅持!(朝香 豊)
  4. 未分類

    落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ユニクロのシャツをアメリカが輸入差し止め! 米中股裂きに柳井会長はどうする?(朝…
PAGE TOP