安全保障

台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾では、新型コロナウイルスの感染拡大の防止などについて定めた特別法が成立した。

この法律により、「防疫隔離休暇」が明文化され、従業員が隔離や防疫措置を受けることになった場合、雇用主は同休暇を与えることが義務付けられる。

隔離や検疫の対象者に付き添う人も休暇の取得が可能となり、補償金の申請も認められた。

新型肺炎の治療に従事した医療関係者への補償も行う。

マスクなどの防疫物資の値段のつり上げや不当な備蓄には、5年以下の懲役に加え、最高で500万台湾元(約1820万円)の罰金が科されることがある。

デマの拡散も3年以下の懲役か300万元(約1000万円)以下の罰金との併科と定められ、厳罰化された。

隔離や検疫措置を受けている間の違反にも、最高で100万元(約360万円)の過料を科し、違反者の個人情報の公開も認める。

感染拡大により打撃を受けた産業を救済するため、600億元(約2200億円)を上限とする特別予算の編成についても承認された。

日本でもこういう具体的な政策ができないものだろうか。

新型コロナウイルスについては、日本と台湾の手の打ち方の落差の大きさに、いつも嘆息が漏れる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のフォーカス台湾の記事
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202002260004.aspx
ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200225/wor2002250031-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    ニューヨーク市は医療崩壊! 防護服なく、看護師死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  2. 安全保障

    中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画 !? トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホワ…

  3. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  4. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ドイツ銀行はデフォルトではない! 誤解はしないで!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)
  3. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
  4. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)
PAGE TOP