安全保障

中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発新型肺炎の蔓延で、中国各地で封鎖処置が強化されている。

浙江省の温州市は、人口900万人の大都市としても知られているが、生活必需品の買い出しのための外出は、2日に1度、各世帯1人に限り許可することとし、人の接触をできる限り排除する形の対応を始めた。

温州市はさらに、高速道路の料金所46か所に加え、プールや映画館、博物館などの公共施設にも閉鎖処置を取った。

他省からやってくる長距離バスだけでなく、地下鉄などの市内の公共交通機関も運休にして、とにかく人と人との接触を排除している。

安徽省湘南県は、他の県・市とつながる交通・道路を遮断し、県内でも県都とその隣接の鎮や村をつなぐ道路を遮断した。

ただし、特定の道路だけは、生活物資の輸送や医療・防疫活動用の車両の通行を保障する「緑の通路」とする。

この通路では、自家用車や住民の通行は認められない。

一般の建物と住宅の間の人の往来も遮断している。

安徽省懐寧県のある村では、地元政府が新型肺炎を感染していない住民に「買い物許可証」を発行することとした。

許可書には、買い物可能の時間が、例えば「10時50分から11時30分まで」のように記入され、村民がこの時間内に帰宅できなければ、自宅で14日間の隔離処置を受けることになる。

こうした人と人との接触をできる限りなくす処置を取れば、感染防止に大きな効果をあげるだろう。

一部に行き過ぎではと思う部分もあるが、感染防止の基本は人と人との接触を減らすことに限るので、現在のような緊急事態にあっては、やむをえないとも感じる。

そしてこういう処置は、社会主義である中国だから果敢にできるという側面もある。

憲法に緊急事態条項もない日本では、ここまでの処置を取ることは、極めて難しいだろう。

だからこそ、水際対策が決定的に重要で、中国からの入国を一切禁止にするということがすべての前提になるということを、改めて確認する必要があるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3266320
これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51317.html
画像はビジネス・インサイダーの記事
https://www.businessinsider.jp/post-206664
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2020/01/29/5e2ffc2e5bc79c100c4680f2.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国、インターネット管理をさらに強化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中露艦艇10隻が津軽海峡通過! 海峡法改正を選挙争点に打ち出せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊)

    NATOは、ブリュッセルで外相理事会を開催し、中国の軍事拡大を…

  4. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  5. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  6. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    許しがたい西村宮内庁長官発言! それを政治的に利用しようとする立民の安住氏もサイ…
  5. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!
PAGE TOP