安全保障

中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発新型肺炎の蔓延で、中国各地で封鎖処置が強化されている。

浙江省の温州市は、人口900万人の大都市としても知られているが、生活必需品の買い出しのための外出は、2日に1度、各世帯1人に限り許可することとし、人の接触をできる限り排除する形の対応を始めた。

温州市はさらに、高速道路の料金所46か所に加え、プールや映画館、博物館などの公共施設にも閉鎖処置を取った。

他省からやってくる長距離バスだけでなく、地下鉄などの市内の公共交通機関も運休にして、とにかく人と人との接触を排除している。

安徽省湘南県は、他の県・市とつながる交通・道路を遮断し、県内でも県都とその隣接の鎮や村をつなぐ道路を遮断した。

ただし、特定の道路だけは、生活物資の輸送や医療・防疫活動用の車両の通行を保障する「緑の通路」とする。

この通路では、自家用車や住民の通行は認められない。

一般の建物と住宅の間の人の往来も遮断している。

安徽省懐寧県のある村では、地元政府が新型肺炎を感染していない住民に「買い物許可証」を発行することとした。

許可書には、買い物可能の時間が、例えば「10時50分から11時30分まで」のように記入され、村民がこの時間内に帰宅できなければ、自宅で14日間の隔離処置を受けることになる。

こうした人と人との接触をできる限りなくす処置を取れば、感染防止に大きな効果をあげるだろう。

一部に行き過ぎではと思う部分もあるが、感染防止の基本は人と人との接触を減らすことに限るので、現在のような緊急事態にあっては、やむをえないとも感じる。

そしてこういう処置は、社会主義である中国だから果敢にできるという側面もある。

憲法に緊急事態条項もない日本では、ここまでの処置を取ることは、極めて難しいだろう。

だからこそ、水際対策が決定的に重要で、中国からの入国を一切禁止にするということがすべての前提になるということを、改めて確認する必要があるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3266320
これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51317.html
画像はビジネス・インサイダーの記事
https://www.businessinsider.jp/post-206664
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2020/01/29/5e2ffc2e5bc79c100c4680f2.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    中国外しでサプライチェーンを組み直す! アメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    20年前に接収した白人経営者の農地を返還へ! ジンバブエ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾の国防能力の大幅強化! 米、台湾への1900億円の武器売却!(朝香 豊)
  3. 経済

    ドイツ銀行はデフォルトではない! 誤解はしないで!(朝香 豊)
  4. 外交

    「日韓合意」も完全無視! 日本政府を相手取った「慰安婦」裁判がソウル中央地裁で開…
  5. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
PAGE TOP