安全保障

香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港国家安全法の成立は、香港を完全に変えてしまった。

政治団体「香港独立連盟」を率いてきた陳家駒氏はヨーロッパに出国した。

香港の完全な自治を主張する「香港城邦論」を出版した陳雲氏は、「社会運動からの脱退」を宣言し、「国家安全(維持)法は香港社会に安定をもたらす」として、事実上転向した。

黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏、周庭(アグネス・チョウ)氏らが率いてきた「香港衆志」(デモシスト)は、解体を決めた。

「学生動源」(スチューデントローカル)、「香港民族陣線」(ホンコンナショナルフロント)も、香港での活動を停止させた。

その他の香港で民主活動に参加してきた多くの人たちも、活動に参加した痕跡をSNSから消したりしている人が多いようだ。

実に残念だが、香港は敗北したと言わざるをえない。

その上で私たちは、この香港の敗北をもたらした真の原因を見定めなければならないと思う。

それは我々が中国の強大化を許してきたことだ。

中国は国際仲裁裁判所の判決を破って、南シナ海の軍事拠点化を進めてきた。

国際社会は「懸念」をし、「抗議」はしたが、結局はその存在を黙認してきたと言ってよい。

中国を国際取引から排除するような動きを、我々は示さなかった。

香港においても、中国は英中共同宣言に完全に違反し、中央政府から独立した香港の自治を認めない方向に舵を切った。

もし今回も、我々が目先の経済的利益を優先して、中国を許すようなことがあったら、彼らはこの路線に自信を深めるであろう。

国際条約なんて守らなくても、世界は中国の行うことに反対できないのだと。

今、アメリカが、中国のこの姿勢を変えせようと、真剣に動いている。

我々もこの動きに参加すべきであろう。

ただ、企業としては、脱中国に動いて、自分の会社が回っていくのかどうかは心配なはずだ。

道徳論や精神論だけで、今のあり方はおかしいから新たな路線に進むべきだと言われても、「はい、そのとおりですね」とはならないのが、現実だ。

この点では企業だけではなく、国家も同じだ。

だから、脱中国で経済が回っていく青写真を作っていくということが大切ではないかと考える。

この脱中国経済圏に入ることで、繁栄が享受できるというしっかりとした青写真だ。

それはかつて日本が構想した「自由と繁栄の弧」を、さらに進化させ、具体化させるということだ。

日本政府がこの点でリーダーシップを発揮することを期待したい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/hong-kong/politics/article/3091183/hong-kong-national-security-law-future-citys-localist
ネタ元の時事通信の記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900704&g=int
画像は韓流研究室から
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2206.html
http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/r/toriton/support5482.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  2. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)

    反中国派の新聞である大紀元時報の香港支社の印刷工場に、覆面をし…

  3. 安全保障

    大統領選挙人投票に異議を唱える上院議員が続々と! ペンス副大統領も賛成へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  4. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソレ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    コロナの発症は武漢の研究所! 亡命研究者たちが証言しているとバノン氏!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)
  4. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    ギニア政府が国内の中国人全員を拘束! ギニア人を守れ!(朝香 豊)
PAGE TOP