安全保障

武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

レコードチャイナの報道によると、武漢大学がウイルス感染に関する画期的な検査方法を開発したとのことだ。

従来主流だったPCR法では、陽性検出率は30%〜50%にとどまり、偽陰性が出る可能性が高い。

しかも、PCR法では、症状が新型コロナウイルスに似ている、他のウイルス性呼吸器感染症に罹患しているかどうかを、同時に調べることができない。

これに対して、新しく開発されたナノ孔ターゲットシーケンス検査方法によれば、新型コロナウイルスだけでなく、その他の10種の一般的なウイルス性呼吸器感染症についても、一度に同時に検査を行うことができ、診断確定が迅速に済むという。

サンプル採取から結果が出るまでの時間は6〜10時間で、ウイルスの突然変異も観測できるのだそうだ。

この技術に必要なナノ孔シーケンスプラットフォームは実験室で構築しやすいというメリットもあるという。

具体的なやり方や原理がわからない上、このやり方で陽性検出率がどのくらいまで上がるのかの具体的な数値もない。

報道通り、確定診断に有効に使える方法であるなら、中国発のものであっても、歓迎したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のレコードチャイナの記事
https://www.recordchina.co.jp/b786594-s10-c30-d0046.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  4. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北方領土交渉を認めない姿勢を明白に! ロシア!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    州議会のドミニオンの調査要求を拒否! アリゾナ州マリコパ郡!(朝香 豊)
  3. 未分類

    亀裂が生まれる中国とアフリカ、中国とロシア! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)…
  4. 道理

    ジェイコブ・ブレークは最低男だった! 明らかになる実態!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)
PAGE TOP