安全保障

武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

レコードチャイナの報道によると、武漢大学がウイルス感染に関する画期的な検査方法を開発したとのことだ。

従来主流だったPCR法では、陽性検出率は30%〜50%にとどまり、偽陰性が出る可能性が高い。

しかも、PCR法では、症状が新型コロナウイルスに似ている、他のウイルス性呼吸器感染症に罹患しているかどうかを、同時に調べることができない。

これに対して、新しく開発されたナノ孔ターゲットシーケンス検査方法によれば、新型コロナウイルスだけでなく、その他の10種の一般的なウイルス性呼吸器感染症についても、一度に同時に検査を行うことができ、診断確定が迅速に済むという。

サンプル採取から結果が出るまでの時間は6〜10時間で、ウイルスの突然変異も観測できるのだそうだ。

この技術に必要なナノ孔シーケンスプラットフォームは実験室で構築しやすいというメリットもあるという。

具体的なやり方や原理がわからない上、このやり方で陽性検出率がどのくらいまで上がるのかの具体的な数値もない。

報道通り、確定診断に有効に使える方法であるなら、中国発のものであっても、歓迎したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のレコードチャイナの記事
https://www.recordchina.co.jp/b786594-s10-c30-d0046.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 人権・民主主義

    中国でスウェーデン国籍の桂民海氏に懲役10年の判決! 言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 中国

    習近平を皮肉ったジョークがニューズウィークに登場! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  6. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)…
  2. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している
  3. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)
  4. 経済

    「農家保護」政策は止めるべき! 農地の徹底活用を考えるべき!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    米共和党のマコーネル議員、香港市民を支持する声明をトランプ大統領に求める!(朝香…
PAGE TOP