人権・民主主義

皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします

習近平の父親の習仲勲は、中央の政治組織にイスラム教指導者らを引き入れることが、政府に反発する者たちに暴力をやめさせる一助になり得ると主張していたことを、ニューズウィークが報じている。

1952年段階で新疆ウイグル自治区の共産党指導者だったのは、王震と鄧力群だった。

彼らは、当時の共産党中央の方針に反発し、反乱があったらためらわずに鎮圧する姿勢を示していた。

これに激怒していたのが習仲勲で、2人は一連の会議で習仲勲に猛烈に批判され、王震は号泣し、鄧力群は体重が10キロも減ったそうだ。

女性がベールを着用し、男性が髭をたくわえるのは、イスラム教徒としては普通の所作だ。

これを「封建主義に逆行する」としてみなす姿勢を習仲勲は非難していた。

習仲勲は「歴史を振り返ると、政府の厳格で柔軟性のない宗教政策が激しい弾圧につながり、望ましくない結果を生んでいる。宗教活動を政策や法の範囲内に導くことができなくなるだけでなく、むしろそれらの活動が常軌を逸したものになり、下心のある者がその状況を利用することさえ可能になる」と述べている。

こうした習仲勲の姿勢と「容赦は無用」だと言ってウイグル弾圧に走る習近平との落差は大きい。

習近平は父親の習仲勲を尊敬していると述べていたことからすれば、これほどの皮肉はなかなかないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします

ネタ元のニューズウィークの記事https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/post-13546.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

  2. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    「あいちトリエンナーレ」への補助金不交付へ! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    集計結果を中国に送信! ジョージア州のドミニオンサーバ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    習近平は資本主義に対する勝利を目指している! 財界人は目を覚ませ!(朝香豊)
  4. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊…
  5. 道理

    基本的豚権の侵害! 麻酔なしの豚の去勢はやめろ!?(朝香 豊)
PAGE TOP