外交

機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソフトバンクの元社員が機密情報を持ち出し、在日ロシア通商代表部の職員に渡したとして逮捕された事件で、日本の警視庁がこの職員を書類送検する方針を示している。

これに対して、ロシア外務省は、両国間の雰囲気を壊すものだと指摘し、日本側をけん制した。

おいおい。

両国間の雰囲気を壊しているのは、不正な手段で情報を盗み取ったロシアではないのか。

自分が行った不正行為には目をつぶり、当該職員を早々と帰国させ、警視庁が書類送検すると言ったら「両国間の雰囲気を壊すものだ」とへそを曲げるというのは、どんだけ自己中だよって言いたくなる。

もちろん、こうしたあり方が世界の標準だから、ロシアだけがおかしいという話ではない。

安倍総理は、ロシアの対ドイツ戦勝75年式典への出席を固めたようだが、こういうロシアの態度を見て、取りやめることを示唆してはどうか。

行ったら北方領土を返してくれるという約束があるなら、もちろん行ってもらって結構だが、4島返還のみならず、2島返還さえ認めなくなった現在のプーチン路線を、日本が黙認したことになることへの警戒心がなさすぎだ。

どういう外交判断かわからないが、単に仲良くしたいというのは外交ではない。

真剣に国益を腹の底に持ちつつ、互いに騙し合いすらも行い、その中で相手の真意を探っていくというのが外交ゲームのあり方だろう。

外国に常に揺さぶられて右往左往しながら、日本からは揺さぶりをかけないから、舐められるのではないか。

2島返還すら認めないロシアの姿勢を黙認するつもりが総理には全くないならば、むしろ4島返還を前提に交渉できないのであれば、出席しないと明言するのが正しいあり方だろう。

そういう揺さぶりで、日本の姿勢についての世界の誤解を解くようにしておかないと、後々の交渉に禍根を残すことになる。

昨今の安倍総理の外交方針には、疑問符がつくことばかりだ。

一体どうしたんだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012283091000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    中華民国(台湾)建国記念日に、安倍総理と麻生財務相が祝福メッセージ!(朝香 豊)

    中華民国(台湾)建国記念日を祝うレセプションが福岡で開かれ、安…

  2. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 豊)

    ロンドンにある国際海事機関の本部で開催される国際会議で、福島原…

  3. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立とう!(朝香 豊)

    韓国労働組合の二大全国組織が、韓国の最高裁での「強制徴用」判決…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキング香港やウイグルでの人権弾圧がアメリカで…

  6. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国人100人が合計で1.1兆米ドルの預け入れ! スイスのUBS銀行!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    米国上院で、ウイグル人権政策法案が全会一致で可決! 下院でも可決の見込み! (朝…
  4. 安全保障

    中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トランプ新党できたら参加を考える! 共和党の70%!(朝香 豊)
PAGE TOP