人権・民主主義

韓国で再び大統領の弾劾はあるのか? 弾劾の請願が140万人突破!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国の大統領府(青瓦台)には、国民の意見を聞くための掲示板が用意されている。

この掲示板に、文在寅大統領の弾劾を求める国民請願が掲げられた。

この掲示板には、中国の顔色をうかがって中国全域からの入国を全面禁止にしなかったことが、新型コロナウイルスの感染拡大を招いたとし、文在寅大統領は韓国の大統領ではなく、中国の大統領のようだと揶揄されている。

賛同する署名が20万人を超えると、大統領府は回答する義務が生じるが、署名者はすでに140万人を超えている。

文在寅大統領は、すでに追い詰められているわけだ。

ただ、大統領を連続して弾劾するということには、韓国民の中にも躊躇がある。

中国からの入国の対応を間違えたと国民に対してきちんと謝罪してくれればいいという考え方も強いらしい。

だが、与党の「共に民主党」の動きが、何とか謝罪だけで許してもいいのではという韓国民の気分を、かなりぶち壊しているようだ。

この話には、昨年行われた選挙法の改正が大きく関係する。

韓国の選挙は小選挙区と比例代表の組み合わせだが、小選挙区は大政党に有利であることから、比例代表の方は小政党に有利になるようにした。

小選挙区で議席をたくさん獲得すると、比例代表の方ではなかなか当選しないという仕組みになっているのだ。

これは与党の「共に民主党」にとっても不利だが、「共に民主党」のとっての最大の敵である保守系の「未来統合党」(以前の「自由韓国党」)にとっても不利だ。

「共に民主党」側は、「未来統合党」が多数派にならないようにしさえすれば、「共に民主党」だけで単独過半数にならなくても、政権は安泰だと考えたわけだ。

ところが今回の新型コロナウイルスの蔓延で、「共に民主党」の打撃は極めて大きくなり、最初の計算が狂ってきた。

そこで、「共に民主党」の実力者5人が集まり、比例専門のダミー政党を作る構想を進めることにしたわけだ。

このダミー政党は「共に民主党」本体から分離する少数政党で、比例で座席を獲得することだけを目的とするものだ。

ダミー政党は小選挙区では議席を取らないように気をつければ、比例区では得票率をかなり上回る議席が獲得できることになる。
 
実は「共に民主党」側は、このようなダミー政党を「未来統合党」の側が作ってくるのではないかと警戒し、以前は盛んに牽制していた。

こういう卑劣な真似は許されない、「共に民主党」はこうした汚いやり方はせず、あくまでも正攻法で選挙に臨むと言っていたのだ。

ところが状況が変わると突然このような謀議を始め、これが表沙汰になると、大統領の弾劾を阻止するためには、こうした相談を行うのは仕方がないんだと、開き直った。

ここまで露骨な動きを見せられると、謝罪だけしてくれれば文在寅大統領を許してもいいとは、なかなか思えなくなろうだろう。

なお、韓国の国会議員の選挙は4月15日に行われることになっている。

こんな「共に民主党」を、韓国民はどう判断するのだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/263167

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  2. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  3. 人権・民主主義

    トランプ弾劾がいよいよ開始! 逆転劇の始まりだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!いよ…

  4. 安全保障

    生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    広西チワン族自治区に大量のバッタ発生! 中国南部地域への拡散は必至! (朝香 豊…
  2. 安全保障

    「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 経済

    韓国の輸出12ヶ月連続の減少! 11月は14.3%減!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 …
PAGE TOP