人権・民主主義

統計学から指摘される不正選挙の証拠! ベンフォードの法則!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の大統領選挙の不正を立証するのに、開票結果が「ベンフォードの法則」に矛盾することが指摘されている。

「ベンフォードの法則」というのは、統計上の数字の先頭の数字は1であることが最も多く、次は2で、その次は3であるという単純なものだ。

一見すると不思議に感じられるかもしれないが、例えば平均値が95になるような数字の集まりを考えた場合に、70台や80台や90台の数字も当然あるけれど、100台の数字が最も多くなるのは当然だとは思えないだろうか。110台の数字も120台の数字も、全て100台の数字で、先頭は1であるからだ。

完全にランダムな数字の羅列の場合には「ベンフォードの法則」は十分に働くが、人為的な数字の場合には働きにくくなる。

この「ベンフォードの法則」に反する投票結果がバイデンの各地区の得票に表れているということが指摘されているのである。

決定打にはならないかもしれないが、バイデンの方はベンフォードの法則から完全に逸脱しているが、トランプの方は割と法則通りになっているのは、グラフから見て直感的に理解できるはずだ。

こういう統計学の観点からの指摘も面白いだろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のwww.washingtonexaminer.comの記事
https://www.washingtonexaminer.com/news/trump-campaign-staff-claims-to-have-statistical-evidence-of-fraud-in-wisconsin
kwtxからの引用画像(ベンフォードの法則)
https://cdn-ak2.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/naganomath/20010206/20010206074400.png
shepherdgazette.com からの引用(Benford の法則で見る、トランプ対バイデン)https://shepherdgazette.com/wp-content/uploads/2020/11/BenfordMilwaukee-Github.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプ法務チームが方針転換! 焦点をドミニオンに集める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 人権・民主主義

    過酷なウイグル人弾圧

    衝撃的な数字だ。新疆ウイグル自治区の人口は中国全土…

  6. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国政府相手にコンサルタント! ハンター・バイデン設立のソーントン・グループ!(…
  2. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)
  3. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    姓から考える選挙不正! 数学者が発見!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
PAGE TOP