経済

サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは、自主的な減産を取りやめ、石油増産に転じる方針を示した。

原油価格(WTI)は1バーレルあたり50ドル〜60ドルのレンジで、この1年間はほぼ動いてきたが、サウジアラビアの方針転換を受けて、一気に30ドル前後にまで下がってきた。

今後20ドル近くまで下がるかもしれないとの憶測も出ているが、サウジアラビアがそこまで自滅的な行動をするのかどうかは、自分には疑問だ。

そういう噂を流すことで、サウジアラビアはまとめにくい交渉をまとめる力にしたいのではないかと考える。

上記の話はわかりにくいかと思うので、もう少し具体的に説明してみることにする。

サウジアラビアの最大生産量は日量1200万バレルだが、現在は970万バレル程度に減産している。

これを4月には日量1000万バレル程度まで引き上げる予定だ。

サウジアラビアの増産決定は、産油国内の減産交渉がロシアの反対でまとまらなかったことを受けての処置だ。

原油価格が下がっている中で、生産量まで落とすことになったら、原油生産に依拠している石油生産国の懐事情には非常に厳しい状況になる。

だからこれまでも、石油価格を維持するためには減産が必要だとはわかっていても、減産で合意するのは難しい側面があった。

全体のまとまりが悪い中で、最大の産油国であるサウジアラビアが大きく妥協することで、何とかまとめることが多かったのだ。

ロシアとしては、減産を拒絶しても、サウジアラビアがさらなる減産を受け入れるに違いないと読んでいたのかもしれない。

だが、そうだとしたら、ロシアとしてはあてが外れたということになるだろう。

さて、従来の産油国は、アメリカのシェールオイルの生産によって大きな経済的な打撃を被った。

世界の石油供給量が増えたことで、需給関係のバランスが崩れたためである。

シェールオイルは年々産出量が増えていて、その増え方は石油の需給バランスの観点から見て、とても無視できる量ではない。

今やアメリカでは、従来型の石油が日量400万バレル、シェールオイルが日量900万バレル程度の生産で、合計で日量1300万バレルの生産となっている。

これはサウジアラビアの生産量を遥かに上回る、現在世界最大の石油生産量だ。

シェールオイルだけで、サウジアラビアの生産量にかなり切迫しているくらいだ。

ただし、アメリカのシェールオイル生産は、損益分岐点が45ドル〜50ドルのところが多いとされている。

したがって、30ドル台の取引価格が維持されると、生産が非常に厳しくならざるをえない。

今年の生産予定分については、価格低下を吸収するヘッジが概ねできているが、来年の生産予定分については、当然ながら、ヘッジはあまり進んでいない。

だから、来年分については今後の石油価格を前提に取引が進むため、低価格が維持されると、アメリカのシェールオイル業者にはとても受け入れられない事態が進行することになる。

この結果、サウジアラビアが今後も増産傾向だというメッセージを与えれば、原油価格が上がる方向には向かいにくいから、アメリカのシェールオイル業者には、とても看過できないものになる。

これはロシアを含めた他の産油国にしても同様だ。

こうしたショック療法で、ロシアにも減産合意に引き戻す力とするのと同時に、減産の話し合いから外れているアメリカにも、減産交渉に加わるようにとの圧力をかけたいということではないかと考えている。

サウジアラビアの動きを受けての米露の動きが注目される。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56546170Y0A300C2MM8000/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

  2. 経済

    小規模事業者向けの無担保融資を中国政府は奨励! 中国経済の崩壊が進んでいる! (朝香 豊)

    中国の国家発展改革委員会と銀行保険監督管理委員会は共同声明を発…

  3. 経済

    IMFがGDPの2.3倍に膨れ上がった世界の債務残高を警告!(朝香 豊)

    IMFのゲオルギエワ専務理事は、世界の債務が1年前より10%以…

  4. 経済

    10ー12月期のGDPはマイナス6.3%! 消費税増税で大きく落ち込む!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  5. 経済

    中国、春節休暇をさらに延長! 経済はさらにダメージ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!春節…

  6. 経済

    2020年は中国企業のドル建て債のデフォルトラッシュか?(朝香 豊)

    現在、中国の国内債のデフォルトが相次いでいるが、来年はドル建て…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!
  3. 人権・民主主義

    中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか…
  4. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)
  5. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)
PAGE TOP