人権・民主主義

カナダの大学自治会が中国人留学生の団体を資格停止に! (朝香 豊)

中国領事館と共謀して、大学内で開催された新疆ウイグルの再教育強制収容所に関する講演会を妨害したことから、カナダのマクマスター大学の学生自治会は、中国人留学生団体である中国学生・研究者聯誼会(CSSA)の会員資格を取り消した。今後同団体には、学生自治会からの資金援助がなくなり、宣伝活動もできなくなる。

ルキエ・トールダッシュ氏は同大学で、中国当局が新疆ウイグル自治区で設置した強制収容所について講演を行った。

講演の開催前に同団体は、氏の招へいに反対する公開書簡を大学側に送り、中国の駐トロント総領事館に報告を行なった。

総領事館は「講演当日の様子を撮影し領事館に渡す」こと、「講演会場に大学関係者がいるか、主催側に中国系の人物がいるかをチェックする」ことを求めた。また、中国人留学生が講演中に氏に罵声を浴びせた。

あらゆるところに中国は根を張り、組織的な動きをして、できる限りの情報収集や工作活動を行なっていることを、改めて認識しておきたい。

ソースとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/47698.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 人権・民主主義

    参議院の委員会で中国の人権問題が取り上げられる! 臓器狩りも!(朝香 豊)

    山田宏・参議院議員は、外交防衛委員会で政府に中国の人権問題を取…

  2. 人権・民主主義

    北京で住居の「強制退去」に反対! 1万人の市民が署名!(朝香 豊)

    中国北京市昌平区の住民らは、住んでいる住宅が「違法建築」だとし…

  3. 人権・民主主義

    香港警察がデモ逮捕者のレイプをしていると、女子大生が訴える!(朝香 豊)

    香港中文大学で校長と学生との公開対話が行われた。この席…

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    過酷なウイグル人弾圧
  2. 未分類

    韓国の高校生の、教師の行き過ぎた偏向の訴えを、ソウル市教育庁が却下!(朝香 豊)…
  3. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    「香港を称える歌」が香港市民の間に急激に普及! あらゆる場所で大合唱されるように…
  4. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)
PAGE TOP