人権・民主主義

ローマ教皇が米黒人死亡事件で「人種差別は容認できない」と発言! では中国は?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、アメリカの黒人男性ジョージ・フロイド氏の死亡で抗議活動が全米に広がっている事件を受け、「人種差別の容認や看過はできない」と述べた。

だがフランシスコ教皇は、中国でもっと激しく行われているウイグル人・チベット人などに対する人種差別や暴力には、一切口をつぐんできた。

香港で繰り広げられている警察による暴力は、人種差別ではないかもしれないが、こちらもとても容認できるような暴力ではないだろう。

こういう暴力にもフランシスコ教皇は完全に沈黙を貫いてきた。

この落差は一体何なんだ。

今回の事件は、政府が権力を背景にして、警官に黒人を不当に扱わせて死に至らしめたといったものではない。

トランプ政権もミネソタ州政府も、今回の警官の行為を容認しているわけではない。

抗議活動への対処の仕方が適切ではないという批判はあるかもしれないが、それならば選挙で落選させればいいだけのことだ。

それができるのが民主主義国のあり方だ。

これに対して中国では政府自身が権力を背景に、不当な人種差別を行わせている。

その政府を人々が不信任にできる仕組みはない。

完全な独裁政権だ。

亡くなった黒人は1人かもしれないが、これはアメリカに住む黒人全体に関わる大問題なのだという主張もわからないではない。

だが、数百万人のウイグル人が強制収容所に収容されている中国とは、その深刻さは比較にはならないだろう。

しかも彼らは臓器を奪われて命を落としている例もあるとさえ指摘されているのだ。

こう見ると、フランシスコ教皇の偽善ぶりが浮き彫りになる。

フランシスコ教皇に対する不信感は、そのままカトリックに対する不信感にもつながってしまう。

全世界のカトリック信者の方々には、フランシスコ教皇に中国のことで声を上げるように、動いてもらいたいものだ。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3286447?cx_part=latest
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/1/-/img_21ac4ba35a29043f7c65d54aaf104bad165872.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国の…

  3. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  5. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  6. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    韓国が日本の対韓輸出規制の「不当性」を専門家会合で指摘! 日本はどう反応したのか…
  2. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)
  3. 道理

    ウクライナ元検察トップがバイデン 疑惑を語る!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)
PAGE TOP