人権・民主主義

武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市では、約500名の医療スタッフが新型コロナウイルスに感染し、感染が疑われるがまだ確定していない疑似感染例も約600名に達することが、中国のSNS上に上がった。

プレゼンテーションソフトを使って映し出されているように見える証拠写真には、「病院名」「感染が確証された人数」「感染が疑われる人数」「両者の合計」「病院内で一番最初の感染者が出た日付」が、一覧表で示されている。

これによると、「感染が確証された人数」は合計で501名で、「感染が疑われる人数」は合計で600名だ。

但し、表の12番目は漢川市の、13番目は鄂州市の病院で、武漢市に隣接するものの、武漢市の病院ではない。

武漢の医療スタッフが、防護服やマスクなどが圧倒的に不足する中で、危険を承知で医療行為に邁進していることが改めて示された。

また、政府側が人から人への感染を1月20日まで否定していたことが、医療関係者の感染拡大に大きな影響を与えていたことも否定できないだろう。

なお、証拠の写真は、湖北省で行われた新型肺炎の感染拡大防止の会議で撮影されたものだとみなされている。

同様の写真は他にも撮られていて、やはり中国のSNS上にアップされている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51499.html
画像も同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/02/06/t_kbgwwzgyrmhdwchjyx7z.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!旧ユ…

  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒龍…

  5. 人権・民主主義

    ジョージア州でバイデンが逆転だって! ありえない❗(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    リトアニアが中国との経済協力枠組みから離脱! EU対中国を象徴!(朝香 豊)
  3. 道理

    旭日旗禁止のために払う韓国側の「努力」を笑ってはならない
  4. 人権・民主主義

    ウイグル人権法案可決に猛反発! 中国がアメリカの先住民虐殺を非難!(朝香 豊)
  5. 道理

    全トヨタ労連が支援枠組みの入れ替え! 立憲民主の支援を絞る!(朝香 豊)
PAGE TOP