人権・民主主義

武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市では、約500名の医療スタッフが新型コロナウイルスに感染し、感染が疑われるがまだ確定していない疑似感染例も約600名に達することが、中国のSNS上に上がった。

プレゼンテーションソフトを使って映し出されているように見える証拠写真には、「病院名」「感染が確証された人数」「感染が疑われる人数」「両者の合計」「病院内で一番最初の感染者が出た日付」が、一覧表で示されている。

これによると、「感染が確証された人数」は合計で501名で、「感染が疑われる人数」は合計で600名だ。

但し、表の12番目は漢川市の、13番目は鄂州市の病院で、武漢市に隣接するものの、武漢市の病院ではない。

武漢の医療スタッフが、防護服やマスクなどが圧倒的に不足する中で、危険を承知で医療行為に邁進していることが改めて示された。

また、政府側が人から人への感染を1月20日まで否定していたことが、医療関係者の感染拡大に大きな影響を与えていたことも否定できないだろう。

なお、証拠の写真は、湖北省で行われた新型肺炎の感染拡大防止の会議で撮影されたものだとみなされている。

同様の写真は他にも撮られていて、やはり中国のSNS上にアップされている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51499.html
画像も同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/02/06/t_kbgwwzgyrmhdwchjyx7z.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アラ…

  2. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アス…

  3. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝…
  2. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)
  3. 中国

    武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)…
  5. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)
PAGE TOP