経済

恒大集団の預金凍結! 株も債券も暴落!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国一の不動産ディベロッパーの恒大集団の破綻が近いと噂されているが、その予兆のようなことが起きた。

広発銀行は恒大集団の1億3200万元(22億円)の銀行預金を凍結するように求めていたが、無錫市中級人民法院はこれを認める民事判決を下した。恒大集団が広発銀行から借りている資金の返済ができなくなることを予想して、広発銀行は銀行内にある恒大集団の預金を動かせないようにしたというわけである。

これに不服な恒大集団は、逆に広発銀行を提訴した。広発銀行からのローンの返済期限は2022年3月27日で、まだ半年以上先になる。これを凍結されたのでは恒大集団としてはかなわない、広発銀行はやりすぎだというわけである。

実際、広発銀行と同様の処置を他の銀行もやり始めたら、恒大集団のキャッシュフローは止まることになる。それでは営業ができなくなるとの反発があるのは、ある意味では当然である。

恒大集団をめぐっては他にも怪しい動きがいろいろとある。湖南省邵陽市は恒大集団が預託口座(顧客からの資金を預かるための口座)の扱いが適切でないとして、住宅販売の停止に踏み切ってもいる。ただしこれは後に解除された。

重慶ではこれまで無料で使われていたマンションの駐車場について、恒大集団は住民たちに購入費用を支払うように求めた。駐車場1区画あたり8〜9万元(150万円程度)だが、これが住民の大反発を招いて一騒動になったのは言うまでもない。

株価は7月19日と20日の2日間で2割以上下がり、債券価格は額面1ドルが54セントにまで低下した。恒大集団の債券が売り込まれたことから、同様の投資不適格級の債券も売り込まれて値段を下げている。

恒大集団は同業の金茂集団と万科集団に保有資産の一部の売却をするなどして、負債の圧縮に必死である。今年上半期の契約累計売上高は3,567億9千万元(6兆円)に達した。有利子負債は昨年は最高で8700億元(15兆円)あったのが、現在は5700億元(10兆円)レベルにまで下がったとの発表もある。

それでも経営環境的には厳しい状況に追い込まれている。習近平政権がバブル潰しの象徴として恒大集団を破綻させようという意図を持っているかのような対応を見せているからである。広発銀行や邵陽市当局の動きは、習近平政権が背後で動いている証のように私には感じる。格付け会社のフィッチ・レーティングスや米ムーディーズ・インベスターズ・サービスが6月に相次いで恒大集団の格付けを引き下げているのも、習近平政権の意図が伝わっているからではないかとの憶測をしている。

今後も恒大集団からは目が離せない。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

finance.sina.com.cnの記事
https://finance.sina.com.cn/stock/relnews/hk/2021-07-20/doc-ikqcfnca7842161.shtml
www.bloomberg.co.jpの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-20/QWITS3T0AFB501
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM197EH0Z10C21A7000000/
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6514
恒大集団の画像
http://p5.itc.cn/images01/20200924/7438a636709442489791a81face4277b.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  2. 経済

    歪んだ「GoToイート」キャンペーン! 飲食店に負担!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「G…

  3. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

    ”China 2049"の著者としても知られる、ハドソン研究所…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. 人権・民主主義

    米国上院で、ウイグル人権政策法案が全会一致で可決! 下院でも可決の見込み! (朝…
  3. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)
  4. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)…
PAGE TOP