道理

香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱っていて、中国共産党から大いに睨まれてきた。

この書店の経営者の一人である桂民海氏はスウェーデン国籍を取得していて、スウェーデンの外交官と一緒にいたにも関わらず、2015年に中国の私服警官10名程に取り押さえられ、今なお拘束されている。

国際ペンクラブのスウェーデン支部は、この桂民海氏に「クルト・トゥホルスキー賞」の授与を決めた。

「クルト・トゥホルスキー賞」は、ナチス・ドイツからスウェーデンに逃亡したユダヤ人作家クルト・トゥホルスキーにちなんだ賞で、迫害を受けたり、亡命を余儀なくされた作家を受賞対象としている。

スウェーデンのリンド文化・民主主義相が式典に出席した。

中国はスウェーデン通信に対し、式典出席者は中国では歓迎されなくなると事前に警告していたが、ロベーン首相は「この類の脅しには絶対に屈しない。スウェーデンには自由があり、これがそうだ」と突っぱねた。

これに対して、駐スウェーデン中国大使は、大使館公式サイトに「必ず報復する」と警告を掲載した。

ちなみにスウェーデンでは、中国人観光客3人が予約を間違えて前日の深夜にホテルにやってきて、客室は満員で翌日の昼でないとチェックインできないと説明したことでトラブルになるという事件があった。

3人はロビーのソファーで寝かせてくれと要求したが、ホテル側が拒否し、ホテルを出るよう求め、3人と言い争いになり、警察に通報した。

3人はホテルのロビーで座り込みを行い、警官たちは両手両足を持って、彼らをホテルの外に引きずり出した。

彼らは自分から路上に倒れたり、警察が殴ってもいないのに「警察が我々を殺そうとしている」などと英語で叫ぶなど大騒ぎし、困った警察はホームレスなどが夜を明かすことができる郊外の教会に車で連れて行ったが、この処置も3人は気に入らなかった。

この事件を中国共産党機関紙の環球時報が「予定よりも早くホテルに到着し、昼まで部屋には入れないと言われ、父母は健康がすぐれないためロビーのソファーで休ませてほしいと頼んだが、ホテル側は拒否、暴力的に追い出された」「警察は意識がもうろうとする両親を殴打し、無理やり車に乗せ、ストックホルムから数十キロ離れた荒野の墓地に置き去りにした」と報道した。

在スウェーデン中国大使館も「中国人の命を危険に晒し、基本的人権を侵害した」などとの声明を発表し、スウェーデン側の対応を批判した。

この顛末をやや茶化して番組を制作したスウェーデンのテレビ局に対しても、中国政府は厳しく批判を行い、スウェーデン人から中国は完全にそっぽを向かれた。

こうした反中意識の高まりも、今回の桂民海氏への「クルト・トゥホルスキー賞」の授与につながっているのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元の時事通信の記事https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111600233&g=int
トップ画像はスウェーデンの番組を取り上げたスプートニクの記事から引用https://jp.sputniknews.com/incidents/201809255379755/
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/537/97/5379734.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  2. 人権・民主主義

    不法移民を直ちに解放せよ! バイデン政権が指示!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  3. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)

    アメリカのロチェスター大学のイーストマン・フィルハーモニー管弦…

  4. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  5. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?

    「辞めさせてもらえるなら、辞めて謝罪したい」、「行政長官は…

  6. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    大統領選挙の疑惑は深まった! アリゾナ州マリコパ郡の監査結果!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の食糧危機は深刻かも! 食べ残し厳禁を習総書記が号令!(朝香 豊)
  4. 未分類

    国民の声に耳を傾ける?! ふざけるな、河野太郎!(朝香 豊)
  5. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)
PAGE TOP