道理

中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします

中国には社会信用システムがあり、「よいこと」をすると信用スコアが高まり、「わるいこと」をすると信用スコアが引き下げられるようになっている。

信用スコアが悪くなると、飛行機どころか電車にも乗れなくなったりする。

そして、「よいこと」と「わるいこと」は、中国共産党のさじ加減で決まる。

この社会信用システムを企業を対象にして拡大する準備を、中国はすでに進めている。

2020年にも導入する予定だ。

信用スコアの低い会社は、融資が不利になり、投資が制限され、納税額が増えるなどする。

この企業向け社会信用システムでは、外資系企業もその対象となる。

中国が求める技術移転に協力的な企業の信用スコアはアップし、非協力的な企業の信用スコアはダウンすることが懸念される。

技術移転に関する懸念だけでなく、様々な点で中国共産党に協力するかどうかによって、企業の方向性が誘導・管理されるツールとして活用される懸念がある。

米議会の超党派の25名がこうした懸念の高い中国の企業版社会信用システムについて、トランプ政権に調査を求める書簡を送った。

この問題については、すでにEUでも同様の懸念の声が上がっている。

だが、日本ではこの企業版社会信用システムの問題点について報道しているマスコミが存在しないようだ。

悲しい現実だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします

ネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/49671.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 安全保障

    「トランプが勝っている」と諜報筋! 最高裁は行動を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  5. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米連…

  6. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香…
  2. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?
PAGE TOP