人権・民主主義

死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ニューヨーク市選挙管理委員会に死んだ有権者の名前での投票が集まっていることが発覚した。

選挙管理委員会は9月24日に要請に応じてフランシス・レックハウ氏の郵便投票用紙を送り、10月6日に返送された郵便投票用紙を受け取った。そして10月8日にその投票を「有効」であると認めていた。

ところが、1915年生まれのレックハウ氏はもし現在も存命であれば105歳になることになるが、2012年に亡くなっていることが確認された。

1919年生まれのガートルード・ニッツェルからも郵便投票が行われている。10月25日には一旦「有効」と判断された。だが、ニッツェルは2016年7月4日に死亡していることが後に確認された。

この2件の不正はニューヨーク市のスタテン・アイランドの共和党組織が見つけたものだ。

つまりこの2件はともにスタテン・アイランドにおける投票である。

ニューヨーク市全体で2件の不正が見つかったといったものではない。

共和党は警察と信頼できる弁護士による捜査を要求しているが、それは当然だ。

共和党組織がどういう調べ方をしたのかはわからないが、恐らくは100歳以上の高齢者の投票で「有効」扱いされたものを見つけ、その人物が実在かどうかの調査を行ったのではないかと思われる。

確かにこうすれば、不正投票を見つけやすいだろう。

この仮定が正しいとすれば、死亡した人間での投票はかなり横行していることが予想される。

70歳とか80歳で亡くなっている人も多いだろうが、それらが正しいかどうかのチェックはなされていない。

それを仮に行うとすれば、膨大なコストと時間を供給され、とても大統領選挙の開票には間に合うものではない。

トランプ大統領が郵便投票は不正の温床になるとツイートした時に、このツイートはツイッター社の「ファクトチェック」によってフェイクだとされた。

だが、トランプ大統領の懸念はまさに的中しているというほかない。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/11/02/dead-people-caught-voting-in-nyc-elections-records-show/
CNNからの引用画像(郵便投票)
https://cdn.cnn.com/cnnnext/dam/assets/200924162343-mail-in-ballots-voting-3-exlarge-169.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 道理

    北朝鮮に風船ビラを飛ばした団体の法人許可取り消し! 文在寅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  5. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)

    スペインの最高裁は、かつての反共の闘志で1975年に亡くなった…

  6. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 豊)

    イラン政府が高まる反政府デモを抑えるためにインターネット通信を…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立と…
  2. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)
  3. 経済

    真水で10兆円の補正予算か! 国債は3年ぶりに増発へ! (朝香 豊)
  4. 経済

    円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香…
  5. 経済

    ソフトバンクG、ピンチ! 三菱も三井住友も融資に応じない見通し! (朝香 豊)
PAGE TOP