人権・民主主義

死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ニューヨーク市選挙管理委員会に死んだ有権者の名前での投票が集まっていることが発覚した。

選挙管理委員会は9月24日に要請に応じてフランシス・レックハウ氏の郵便投票用紙を送り、10月6日に返送された郵便投票用紙を受け取った。そして10月8日にその投票を「有効」であると認めていた。

ところが、1915年生まれのレックハウ氏はもし現在も存命であれば105歳になることになるが、2012年に亡くなっていることが確認された。

1919年生まれのガートルード・ニッツェルからも郵便投票が行われている。10月25日には一旦「有効」と判断された。だが、ニッツェルは2016年7月4日に死亡していることが後に確認された。

この2件の不正はニューヨーク市のスタテン・アイランドの共和党組織が見つけたものだ。

つまりこの2件はともにスタテン・アイランドにおける投票である。

ニューヨーク市全体で2件の不正が見つかったといったものではない。

共和党は警察と信頼できる弁護士による捜査を要求しているが、それは当然だ。

共和党組織がどういう調べ方をしたのかはわからないが、恐らくは100歳以上の高齢者の投票で「有効」扱いされたものを見つけ、その人物が実在かどうかの調査を行ったのではないかと思われる。

確かにこうすれば、不正投票を見つけやすいだろう。

この仮定が正しいとすれば、死亡した人間での投票はかなり横行していることが予想される。

70歳とか80歳で亡くなっている人も多いだろうが、それらが正しいかどうかのチェックはなされていない。

それを仮に行うとすれば、膨大なコストと時間を供給され、とても大統領選挙の開票には間に合うものではない。

トランプ大統領が郵便投票は不正の温床になるとツイートした時に、このツイートはツイッター社の「ファクトチェック」によってフェイクだとされた。

だが、トランプ大統領の懸念はまさに的中しているというほかない。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/11/02/dead-people-caught-voting-in-nyc-elections-records-show/
CNNからの引用画像(郵便投票)
https://cdn.cnn.com/cnnnext/dam/assets/200924162343-mail-in-ballots-voting-3-exlarge-169.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. Featured Video Play Icon
  3. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

  5. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ドイツの銀行が顧客にマイナス金利を求める事態へ! 日本に飛び火?(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    政治・社会風刺を売り物にする米人気アニメ番組を中国は完全排除へ!(朝香 豊)
  3. 経済

    国内企業物価指数が急上昇! 世界に広がるインフレの波!(朝香 豊)
  4. 経済

    アルゼンチンから連鎖危機か?
  5. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)
PAGE TOP