人権・民主主義

死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ニューヨーク市選挙管理委員会に死んだ有権者の名前での投票が集まっていることが発覚した。

選挙管理委員会は9月24日に要請に応じてフランシス・レックハウ氏の郵便投票用紙を送り、10月6日に返送された郵便投票用紙を受け取った。そして10月8日にその投票を「有効」であると認めていた。

ところが、1915年生まれのレックハウ氏はもし現在も存命であれば105歳になることになるが、2012年に亡くなっていることが確認された。

1919年生まれのガートルード・ニッツェルからも郵便投票が行われている。10月25日には一旦「有効」と判断された。だが、ニッツェルは2016年7月4日に死亡していることが後に確認された。

この2件の不正はニューヨーク市のスタテン・アイランドの共和党組織が見つけたものだ。

つまりこの2件はともにスタテン・アイランドにおける投票である。

ニューヨーク市全体で2件の不正が見つかったといったものではない。

共和党は警察と信頼できる弁護士による捜査を要求しているが、それは当然だ。

共和党組織がどういう調べ方をしたのかはわからないが、恐らくは100歳以上の高齢者の投票で「有効」扱いされたものを見つけ、その人物が実在かどうかの調査を行ったのではないかと思われる。

確かにこうすれば、不正投票を見つけやすいだろう。

この仮定が正しいとすれば、死亡した人間での投票はかなり横行していることが予想される。

70歳とか80歳で亡くなっている人も多いだろうが、それらが正しいかどうかのチェックはなされていない。

それを仮に行うとすれば、膨大なコストと時間を供給され、とても大統領選挙の開票には間に合うものではない。

トランプ大統領が郵便投票は不正の温床になるとツイートした時に、このツイートはツイッター社の「ファクトチェック」によってフェイクだとされた。

だが、トランプ大統領の懸念はまさに的中しているというほかない。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/11/02/dead-people-caught-voting-in-nyc-elections-records-show/
CNNからの引用画像(郵便投票)
https://cdn.cnn.com/cnnnext/dam/assets/200924162343-mail-in-ballots-voting-3-exlarge-169.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 道理

    ジェイコブ・ブレークは最低男だった! 明らかになる実態!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 人権・民主主義

    大統領選挙の疑惑は深まった! アリゾナ州マリコパ郡の監査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    軍艦島の説明に強制労働をきちんと入れろ! ユネスコが決議採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)
  2. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)…
  3. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)
  4. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)
PAGE TOP