安全保障

アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの中では様々に、新型コロナウイルスの感染拡大の責任を中国に問う動きが出ていることは、すでに何回かブログの中でも扱ってきた。

こうした中で、非常に大きな役割を果たしているのが、保守派のクレイマン弁護士だ。

以前のブログにも書いたことだが、クレイマン弁護士はテキサスの連邦地方裁判所に中国政府を訴えているが、実は彼は国際刑事裁判所(ICC)にも中国を提訴している。

ICCからクレイマン弁護士には、すでに提訴を受けるかどうかの審査を行っているとの連絡が届いている。

クレイマン氏はまた、アルゼンチン、インド、トルコ、ポーランドなど各国の弁護士や法学者と連携して、各国で同様の訴訟を起こすようサポートしている。

イギリスのヘンリー・ジャクソン協会は、中国政府の初期対応の不備と適切な情報開示を行わなかったことについて、国際保健規則の第6条・第7条に違反しており、G7国家だけでもすくなくとも3.2兆ポンド(430兆円)の損害を与えているとして、中国を非難した。

さらに同協会は、中国による賠償を実現するために、国内ルート、国際ルートを使って中国を訴える10のやり方を提示した。

英政府も中国の責任を追及していく姿勢を明らかにしている。

オーストラリア下院のクリステンセン議員も、中国に新型コロナウイルスの世界的な拡散に対する賠償金を支払うことを求めた。

ブラジルでもボルソナロ大統領の息子で、下院議員のエドゥアルド・ボルソナロ氏が、世界中にコロナ危機を広げたことで中国共産党は責任を負うべきだと主張した。

なお、エドゥアルド氏は事実上のブラジル外務大臣だと、同国内ではみなされているほど、政治力は強い。

ワイントローブ教育相も「中国には世界支配の計画がある」とし、中国当局が「新型コロナウイルスのパンデミックをもたらした原因だ」と非難した。

新型コロナウイルスの世界的な萬延については、このように世界各国に中国を非難し、中国に損害賠償を求めていく動きが広がってきている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のフリーダムウォッチUSAのサイト
https://www.freedomwatchusa.org
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/04/54596.html
ネタ元のヘンリー・ジャクソン協会の記事
https://henryjacksonsociety.org/publications/coronaviruscompensation/
ネタ元のデイリー・メールの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8170491/Nationals-MP-George-Christensen-suggests-China-created-coronavirus-Wuhan-lab.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 道理

    本当に「外交的ボイコット」?! 踏み込みがまだまだ足りない岸田内閣!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!岸田…

  2. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元エ…

  3. 道理

    ニューヨーク州などが反トラスト法違反の疑いでフェイスブックを調査へ

    ニューヨーク州は独占的な地位を利用して市場の適正な競争を妨げて…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
  2. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香…
  3. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)
  5. 中国

    習近平を皮肉ったジョークがニューズウィークに登場! (朝香 豊)
PAGE TOP