人権・民主主義

武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市で体育館などを改装して、新しく11箇所の病院が開設されたと言われている。

だが、実はこれらの「病院」は、病院ではなかった。

そもそも責任者が、ここは「病院」ではなく、「隔離施設」だと述べているのだ。

医療従事者はいるが、何の医療設備もなく、注射などもない。

なにか起きても、誰も責任を持たない。

そもそも、身の回りのことを自分でできない重症患者は受け入れない。

これらはすべて「責任者」が明言している。

手洗い場もなく、トイレは外に出て200メートルほど歩かなければならないと、「入院」した患者が話している。

なお、「隔離施設」だと言いながら、体育館の中には仕切りさえない。

つまり、この「隔離施設」の意味は、健康な人から罹患者を隔離させるという意味であって、罹患者が他者からの感染を免れて、それぞれが隔離された中で過ごせる施設というわけではないのだ。

このことは、発症者をどう治癒させるかには関心は向いておらず、発症者を隔離した上で、健康な人との接触をどう断つかだけに関心が向けられていることを意味する。

これでは怖くて、家族でもなかなか見舞いすらできないだろう。

武漢市の方針は、こうした患者を全員こうした「病院」に閉じ込めて、そのまま死んでいくのを待つということなのだろう。

武漢市民、特に感染者にとっては、これはまさに生き地獄だ。

あまりに非人道的であると中国をなじるのは簡単だが、どうにもならない医療崩壊が起こっていて、マンパワー的にも医療物資的にももはや対処能力を喪失している中で、できる限り早期の「収束」を目指すとすれば、もはやこうするしかなくなっているということなのかもしれない。

為政者の初期対応の失敗のツケは、結局は庶民が引き受けることになる。

おぞましい現実だ。

さて、さすがにここまでの事態は日本では起こらないだろう。

だとしても、初期対応の失敗がもたらしたツケは、結局は庶民が支払うことになるということを、日本政府にはなんとしても理解してもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

以下の動画2つも見てもらいたい。

画像はYouTubeの動画のサムネイルより引用
https://youtu.be/4q1zwQVgPnQ
https://i.ytimg.com/vi/4q1zwQVgPnQ/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)

    米下院は、10月15日に一度可決していた香港人権民主主義法案を…

  2. 人権・民主主義

    ホワイトハウスを離れるお別れスピーチ! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    湖北省観光客のビザを延長! 彼らの健康は日本政府が責任を持つことか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  4. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香 豊)

    世界各国の記者で作る「国際調査報道ジャーナリスト連合」は、中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ドミニオンの犯罪調査が認められる! ミシガン州で大前進!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
  4. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)
  5. 道理

    韓国で体に密着する商品から相次いで高放射能が検出され、回収騒ぎになる! (朝香 …
PAGE TOP