人権・民主主義

武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市で体育館などを改装して、新しく11箇所の病院が開設されたと言われている。

だが、実はこれらの「病院」は、病院ではなかった。

そもそも責任者が、ここは「病院」ではなく、「隔離施設」だと述べているのだ。

医療従事者はいるが、何の医療設備もなく、注射などもない。

なにか起きても、誰も責任を持たない。

そもそも、身の回りのことを自分でできない重症患者は受け入れない。

これらはすべて「責任者」が明言している。

手洗い場もなく、トイレは外に出て200メートルほど歩かなければならないと、「入院」した患者が話している。

なお、「隔離施設」だと言いながら、体育館の中には仕切りさえない。

つまり、この「隔離施設」の意味は、健康な人から罹患者を隔離させるという意味であって、罹患者が他者からの感染を免れて、それぞれが隔離された中で過ごせる施設というわけではないのだ。

このことは、発症者をどう治癒させるかには関心は向いておらず、発症者を隔離した上で、健康な人との接触をどう断つかだけに関心が向けられていることを意味する。

これでは怖くて、家族でもなかなか見舞いすらできないだろう。

武漢市の方針は、こうした患者を全員こうした「病院」に閉じ込めて、そのまま死んでいくのを待つということなのだろう。

武漢市民、特に感染者にとっては、これはまさに生き地獄だ。

あまりに非人道的であると中国をなじるのは簡単だが、どうにもならない医療崩壊が起こっていて、マンパワー的にも医療物資的にももはや対処能力を喪失している中で、できる限り早期の「収束」を目指すとすれば、もはやこうするしかなくなっているということなのかもしれない。

為政者の初期対応の失敗のツケは、結局は庶民が引き受けることになる。

おぞましい現実だ。

さて、さすがにここまでの事態は日本では起こらないだろう。

だとしても、初期対応の失敗がもたらしたツケは、結局は庶民が支払うことになるということを、日本政府にはなんとしても理解してもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

以下の動画2つも見てもらいたい。

画像はYouTubeの動画のサムネイルより引用
https://youtu.be/4q1zwQVgPnQ
https://i.ytimg.com/vi/4q1zwQVgPnQ/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  2. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

    韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こ…

  3. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  5. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    ビジネスマンは意外と脱中国化に賛成している! 日経新聞のアンケート結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日経…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)
  2. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    イランの保健副大臣が感染! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP