道理

武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港の新聞 South China Morning Post が、武漢発の新型肺炎の話題を最初にSNSに上げた李文亮医師を追悼する動画を作成して、YouTubeにアップした。

動画には英語の字幕がつけれているが、これを私なりに意訳したものを、ここに掲載しておく。

—————-

新型コロナウイルスの警鐘者である李文亮医師が、これがもたらす肺炎の犠牲となって命を落とした。

当初は、李文亮医師の病院は、彼が亡くなったことを否定し、命を救うためになお努力しているところだとごまかしていた。

李文亮医師は、12月にこの新型肺炎の感染拡大について警鐘を鳴らした、最初の8名の医師のうちの1人だ。

彼は自分の勤務する病院が、SARSのような病気の治療を行っており、医療スタッフは防護服に身を包むべきだと促した。

李文亮医師がSNSに警告を載せたことで、中国の警察は「デマを広げた」として、彼を告発した。

34歳の李文亮医師は、拘束を解かれて仕事に戻った後に、患者から新型コロナウイルスに感染した。

お悔やみの言葉がSNS上には溢れた。

当局は李文亮医師に謝罪すべきだと求める人も多くいた。

「一部の人たちの無能と怠慢で、2,020年の冬には多くの方が亡くなった。李文亮医師に謝れ!」

「李文亮医師は天に召された。私はとても悲しい。」(#警鐘者李文亮医師死去)

—————-

なお、動画の途中に「書類」のようなものが出てくるが、それは警察に無理矢理書かされた「始末書」みたいなもので、これ以上「違法行為」をしないと誓う書面である。

この書面に李文亮医師はサインさせられた。

この結果として、事情を知っている医者たちも沈黙せざるをえなくなり、感染が急拡大することとなった。

李文亮医師は1月10日から入院し、12日には集中治療室に移されて、酸素吸入を受けながら治療されていた。

これだけ手厚い医療を受けても、34歳の若さで命を落とすこともあるというのは、我々は知っておいた方がよいと思う。

李文亮医師の死去は中国全土に衝撃を与え、中国共産党機関紙の人民日報も、武漢市政府による李の追悼文を掲載したそうだ。

なお、李文亮医師は、死の2日前にCNNのインタビューに答えて、「自分には何もできなかった」と語っている。

ご冥福をお祈りする。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

李文亮医師の追悼動画は、以下にある。

画像も上記動画のサムネイルを使用

ネタ元となった、ニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92339_2.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)

    ドイツ国民が連邦議会に「民主国家の台湾と国交を結ぼう」との内容…

  3. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩後退だ!

    東京オリンピックでの旭日旗の使用禁止を韓国政府が要求しているこ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国が台湾総統選挙に介入! ネットに偽情報を米が問題視!(朝香 豊)
  4. 道理

    バイデン親子と中国の黒い関係! アメリカで映画化される!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港警察は今年の中国の建国記念日が「非常に危険」と警告! (朝香 豊)
PAGE TOP