道理

武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港の新聞 South China Morning Post が、武漢発の新型肺炎の話題を最初にSNSに上げた李文亮医師を追悼する動画を作成して、YouTubeにアップした。

動画には英語の字幕がつけれているが、これを私なりに意訳したものを、ここに掲載しておく。

—————-

新型コロナウイルスの警鐘者である李文亮医師が、これがもたらす肺炎の犠牲となって命を落とした。

当初は、李文亮医師の病院は、彼が亡くなったことを否定し、命を救うためになお努力しているところだとごまかしていた。

李文亮医師は、12月にこの新型肺炎の感染拡大について警鐘を鳴らした、最初の8名の医師のうちの1人だ。

彼は自分の勤務する病院が、SARSのような病気の治療を行っており、医療スタッフは防護服に身を包むべきだと促した。

李文亮医師がSNSに警告を載せたことで、中国の警察は「デマを広げた」として、彼を告発した。

34歳の李文亮医師は、拘束を解かれて仕事に戻った後に、患者から新型コロナウイルスに感染した。

お悔やみの言葉がSNS上には溢れた。

当局は李文亮医師に謝罪すべきだと求める人も多くいた。

「一部の人たちの無能と怠慢で、2,020年の冬には多くの方が亡くなった。李文亮医師に謝れ!」

「李文亮医師は天に召された。私はとても悲しい。」(#警鐘者李文亮医師死去)

—————-

なお、動画の途中に「書類」のようなものが出てくるが、それは警察に無理矢理書かされた「始末書」みたいなもので、これ以上「違法行為」をしないと誓う書面である。

この書面に李文亮医師はサインさせられた。

この結果として、事情を知っている医者たちも沈黙せざるをえなくなり、感染が急拡大することとなった。

李文亮医師は1月10日から入院し、12日には集中治療室に移されて、酸素吸入を受けながら治療されていた。

これだけ手厚い医療を受けても、34歳の若さで命を落とすこともあるというのは、我々は知っておいた方がよいと思う。

李文亮医師の死去は中国全土に衝撃を与え、中国共産党機関紙の人民日報も、武漢市政府による李の追悼文を掲載したそうだ。

なお、李文亮医師は、死の2日前にCNNのインタビューに答えて、「自分には何もできなかった」と語っている。

ご冥福をお祈りする。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

李文亮医師の追悼動画は、以下にある。

画像も上記動画のサムネイルを使用

ネタ元となった、ニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92339_2.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 道理

    これはひどすぎる! 立民・共産・社民・令新による野党共通政策の提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!立憲…

  4. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 安全保障

    近づく台湾有事! 日本の防衛力強化は待ったなし!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立と…
  2. 安全保障

    中国軍と関わる企業リストの作成を、超党派の米議員が要請! アメリカは強い! (朝…
  3. 安全保障

    ファーウェイと中国共産党と中国人民解放軍との関係を暴いた映画「赤い龍の爪」が今月…
  4. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)
PAGE TOP