安全保障

韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスが蔓延する中で、韓国では2月7日に幼稚園459園、小学校106校、中学校33校、高校44校、特別支援学校5校の合計647校が休校した。

今後も休校数は増えることが予想される。

終わりが見えず、いつまで続くかわからない中での処置ゆえに、今後の学習をどうするのかという重たい課題も浮上するが、これを韓国人特有の過剰反応だとみなすことも違うかなと感じる。

中国からの入国を止めず、潜在的な感染者を国内で広げてしまったために、日本も韓国もこういうツケを今後支払っていかなければならないだろう。

感染学が専門の上昌広医師らのグループと東京大学医科学研究所の井元清哉教授たちとのグループの共同研究では、113人の感染を見落とし、入国を許したのではないかという推計を出している。

こうした人たちが数百人の日本人を感染させ、その日本人がまた感染させるということが、静かに進行しているのは、恐らく否定できない。

まだ感染者が潜在的な状態であるので、まだ日本ではパニックは起きていないが、表に出てきた時はどうするのかの対応も、今からシミュレートしておくべきだ。

そしてこれは学校だけの話ではなく、企業においても考えなくてはならない課題だ。

新型コロナウイルスが広がっているのが確実視される中で、満員の通勤列車で出勤するだけでも、ものすごいストレスを人々は感じている。

こういうところへの想像力が日本政府に未だ欠如しているのが、実に悲しい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/08/2020020880006.html
これのネタ元のForesightの記事
https://www.fsight.jp/articles/-/46472

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)

    アメリカ・インド太平洋軍のデービッドソン司令官は、ミサイル発射…

  2. 経済

    IMFがGDPの2.3倍に膨れ上がった世界の債務残高を警告!(朝香 豊)

    IMFのゲオルギエワ専務理事は、世界の債務が1年前より10%以…

  3. 経済

    緊急経済対策はあまりにもしょぼい! これは怒るべきだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「過…

  4. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 経済

    アルゼンチンがまたデフォルト! 新興国危機のラッシュか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アル…

  6. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)
  4. 道理

    【予言】イランの体制は崩壊へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)
PAGE TOP