安全保障

アルプス処理水はトリチウム以外も安全! 科学に基づく判断を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

福島第一原発のALPS処理水について、普通の原発の冷却水とは違っていて、トリチウム以外の放射線核種が残っていることを問題視する人がいる。

確かに厳密に言えば、ALPSで処理を行ってもトリチウム以外の放射線核種すべてを取り除けているわけではないが、それは無視できるレベルでしかない。

例えばALPS処理水に残留しているセシウム134の平均濃度は1リットルあたり0.204ベクレルで、セシウム137の濃度は1リットルあたり0.153ベクレルである。両方を合算すると1リットルあたり0.357ベクレルということになる。食品の国際規格を作成しているコーデックス委員会の指標によれば、放射性セシウムの指標値は1000ベクレル/Kgである。水1リットルが1キログラムであることからすれば、0.357ベクレルと1000ベクレルはそのまま並べて比較することができるはずだ。これで「セシウムが完全に取り除けていないから問題だ」ということになるのだろうか。ちなみに他の放射線核種については、ストロンチウム90は1リットルあたり0.099ベクレル、ルビジウム106は1.6ベクレル、ヨウ素129は8.46ベクレル、アンチモン125は0.438ベクレル、コバルト60は0.76ベクレルとなっている。(東京電力の資料の読み方に間違いがあり、それぞれのベクレル値を4月16日午前0時17分に修正しました。)

この段階からさらにもう一度処理を加えて、さらに除去レベルを高めた上で、これを海水で500倍程度に希釈してから海に放出するというのが、今回の計画である。当然ながら、海水中ではさらに希釈されることになる。

ちなみに放射性カリウムは、バナナ1本食べると13ベクレル、200gのステーキを一枚食べると20ベクレル摂取していることになる。放射性カリウムは普通の食品に普通に含まれているから、我々は平均して1日77ベクレルの放射性カリウムを摂取していることになる。これと考え合わせた時に、ALPS処理水に含まれる放射線核種がどれほど少ないかが理解できるだろう。

科学的根拠に基づかないバカげた大騒ぎはもうやめにしたいものだ。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.meti.go.jpの記事
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/010_03_01.pdf
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5992
ALPS処理水の画像
https://fnn.ismcdn.jp/mwimgs/6/c/600wm/img_6c625b5e430ec025fdcc9843f904622a63922.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 経済

    脱炭素化について真剣に考えよう!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

  3. 道理

    ワシントン像もジェファーソン像も引き倒される! BLM運動の異常性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港民主化運動がノーベル平和賞候補へ! 米超党派議員が推薦!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    BLMがノーベル平和賞にノミネート! あの運動を「平和」だとする矛盾!(朝香 豊…
PAGE TOP