人権・民主主義

タッカー・カールソンがNSAに監視されている! 自由を奪おうとする勢力に警戒せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

FOXニュースの人気司会者であるタッカー・カールソン氏は、国防総省傘下の情報機関である国家安全保障局(NSA)の内部通報者から、カールソン氏をNSAが監視しているとの連絡を受けたことを明らかにした。

この内部通報者はカールソン氏に対して彼のチームが現在準備している報道ネタに関する情報を繰り返し伝え、その内容はチーム内でやり取りされているメールやメッセージからでないと得られないものだったと、カールソン氏は述べた。そしてこうした監視は、バイデン政権に批判的な彼の番組を打ち切りにさせるためになされているものだということを明らかにした。

カールソン氏は情報公開法に基づいて、NSAなどが番組について集めたすべての情報を公開するよう申請した。

これに対してNSAは、カールソン氏がNSAの諜報活動の対象となったことはないし、彼の番組を潰そうとする計画もない、NSAは裁判所の許可がない限りアメリカ国民を標的にすることは許されていないと回答した。

バイデン政権のサキ報道官もNSAは国外からアメリカ国民に危害を与えようとする外国人や外国の脅威に焦点を当てている組織であるとの建前を述べて、カールソン氏の疑念を相手にしない姿勢を示した。

カールソン氏はこうしたサキ報道官やNSAの「説明」に当然納得しなかった。NSAは自分を「標的」にしたことはないと言ったが、自分のメールを読んでいないとは答えていないではないかというわけである。読んでいないなら読んでいないと、この単純な問いかけにどうしてきちんと答えないのか。

なおNSAが情報収集したものについては、FBIが捜査上の必要を理由としてこれにアクセスできる形になっている。そしてこのアクセスについては違法なスパイ活動が行われているという重大な疑義も発生している。実際FBIがこの制度を悪用して、アメリカ国民に対する違法なスパイ行為をしているのではないかと、クリーベンジャーという弁護士が情報開示を求めたことに対して、NSAが情報公開を決定したこともニュースになった。この点については別のブログ記事でも紹介した。こちらにもかなり重大な事件のことが書かれているので、まだ読んでないようであれば、ぜひ読んでいただきたい。

ともあれ、NSAが公開する情報にカールソン氏の名前が出てくることになるのか、その点も今後気にしておきたい。

私たちが確認しておかなければならないのは、自由を奪おうとする力はいつでも働いていて、一気に失われてしまうことがあるというところだ。この2年間で香港はガラッと変わってしまった。アメリカでもガラッと変わってしまうことが目下進行中である。ここに対する危機感を私たちは自分たちのものとして強く持たなくてはならない。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

タッカー・カールソンの番組の動画

タッカー・カールソン氏の画像
https://www.thewrap.com/wp-content/uploads/2021/06/Tucker-Carlson-Furious-NSA-Denied-Accusation.jpg

nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6390

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!FB…

  2. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!

    韓国検察はチョ・グク氏の妻を在宅起訴した。娘の総長…

  3. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)

    中国共産党機関紙の「環球時報」の編集長は、中国当局によるネット…

  5. 道理

    ウォームビア夫妻が執念の北朝鮮への報復! 全世界の隠し資産を探求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  6. 人権・民主主義

    選挙は敗北したが、戦いは続く! トランプ大統領のスピーチ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TSMC議論での深田萌絵氏に対する反論! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    北京オリンピックのボイコットを米国務省が提起! 日本は逃げずに賛同せよ!(朝香 …
PAGE TOP