道理

フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)

スペインの最高裁は、かつての反共の闘志で1975年に亡くなったフランコ総統の墓を掘り返し、その遺体を国の慰霊施設から公共墓地へ移すことを認める判決を言い渡した。

左派のサンチェス政権が、戦後もずっと独裁を敷いてきたフランコ総統に対する憎悪をむき出しにして、フランコ総統の墓の移転を優先課題として設定し、閣議決定していた。

これに対して遺族が異論を唱えて裁判に訴えていたが、スペインの最高裁は遺族の訴えを棄却した。

スペイン政治を詳しく知っているわけではないから、軽々に論じるべきではないのだろうが、死後50年近くも経ってからこういうことが行われることには違和感を感じる。

日本人的に過ぎるのかもしれないが、死者にはそれなりの尊厳を与えるべきだとの思いを持ってしまう。

共産勢力への警戒を解かなかったフランコ総統の判断にも、一定の合理性はあったと思う。

サンチェス首相はツイッターで「きょうはスペインの民主主義にとって素晴らしい勝利の日だ」と投稿したそうだが、こういうことに執念を燃やすことには党派臭の強い違和感を、自分としては感じざるをえない。

これと関連するafpbbの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 道理

    東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レバ…

  2. 道理

    ニューヨーク州などが反トラスト法違反の疑いでフェイスブックを調査へ

    ニューヨーク州は独占的な地位を利用して市場の適正な競争を妨げて…

  3. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)

    中国において教会は、中国共産党の指導によって、キリスト教の教え…

  4. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!

    日本政府はこういう馬鹿げた話にもきちんと反論しようね。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    極左団体「アンティファ」に注意! 反対派のジャーナリストを襲撃! 動画あり!(朝…
  3. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  4. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    恐怖! チョ・グク法相が就任早々えげつない検察潰しに着手!
PAGE TOP