人権・民主主義

河野文書の上書きで、ラムザイヤー教授や金柄憲氏を支援しよう!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

慰安婦の「性奴隷説」を否定したハーバード大学のラムザイヤー教授の論文に対し、韓国やアメリカなどで論文撤回や教授辞任を求める激しい非難活動が展開されている。

学問上の対立点については言論によって行われるべきものであり、ラムザイヤー教授の言論を封殺しようとする動きはおかしいというのは正論であろう。

だが、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」の存在が、反ラムザイヤーの運動に大きな力を与えていることを忘れてはならない。すなわち、慰安婦の募集については、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、官憲等が直接加担したこともあったということが、河野談話に書かれているのである。つまり、官憲等が直接加担することを含んだ慰安婦募集の強制性は日本政府が公式に認めているのであるから、学問上の論争点にすらなりえないとの論理が成立するわけだ。

なお、河野談話に書かれている、官憲等が直接加担した本人たちの意思に反して集められた慰安婦の募集とは、オランダ領東インド(現在のインドネシア)のスマラン事件などのことである。慰安所には自由意思の者だけ雇うようにという、日本軍が決めたガイドラインを無視したとされている。自分の娘を連れ去られたオランダ人男性が、陸軍省俘虜部からオランダ人の抑留所の視察に来た小田島大佐にこの問題を訴え、同大佐の勧告により16軍司令部は、慰安所開設の2ヶ月後の1944年4月末に、問題の慰安所を閉鎖した。スマラン事件以外にも、フロレス島事件、マゲラン事件などの、オランダ女性に対する問題事例があったと、B・C級戦犯を処罰するバタビア臨時軍法会議(オランダ政府が開いたもの)で認定されている。この軍法会議で岡田陸軍少佐が死刑になるなど、起訴された12名中10名が有罪判決を受けている。

こうしたオランダ女性に対する話と朝鮮女性に対する話が混同され、混乱をきたしているのが河野談話である。慰安婦問題を前進させ、ラムザイヤー教授を支援するためには、今までのあり方のままでは適切ではない。河野談話は撤回するのが理想だが、河野談話の撤回が難しいというのであれば、「河野談話を継承した」という体裁でもいいから、新たな談話を発表して、上記の誤解を解くことを考えるべきではないのか。

ちなみに、この問題で戦ってくれている韓国人もいる。そのうちの一人の金柄憲氏のことを、虎ノ門ニュースで大高未貴さんが取り上げていた。

金柄憲氏は大学で漢文を学んで博士課程を修了しており、漢字の理解ができる貴重な韓国人だ。そのために当時の漢字で書かれた契約書の内容も理解できるのである。金柄憲氏は「正義連」などの韓国左派がよく集会を行う旧日本大使館前にわざわざでかけていき、我が身の危険を顧みずに、自分が知った正しい事実を訴える活動まで行っている。このため、金柄憲氏は様々な訴訟に巻き込まれている状態にある。

大高未貴さんはこの金柄憲氏を資金的に支えることを求めている。私も少額ながら協力させてもらった。なるべく多くの方が協力してくれることを期待している。

(支援方法)
1)Paypalでの支援がスムーズだと思われる方は、cleanmt2000@gmail.com 宛に送金してください。

2)ゆうちょ銀行での支援がやりやすいと思われる方は、以下にご送金ください。
店名 五五八 店番 558
口座番号 2629662
ミヤモトフジコ

なお、宮本さんは金柄憲氏の動画を編集して、日本語字幕を付けてYouTubeにアップされている方です。金銭支援のご協力、よろしくお願いいたします。

彼女がアップしている金柄憲氏の動画の一例を紹介しますので、よかったらこちらも見てください。

宮本さんがアップしている金柄憲氏の動画の例

 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

special.sankei.comの記事
https://special.sankei.com/a/international/article/20210513/0003.html
ja.wikipedia.orgの記事
https://ja.wikipedia.org/wiki/スマラン慰安所事件
金柄憲氏と大高未貴氏の画像
https://livedoor.blogimg.jp/dame0000/imgs/6/d/6d73d8f6.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)

    アメリカの上院は、香港人権民主主義法案を全会一致で可決した。…

  2. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  3. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  4. 道理

    私の菅総理に対する評価! 菅総理の総裁選出馬に反対する!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅総…

  5. 道理

    BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国家…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)
  2. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    武漢発新型肺炎で、WHOがまさかの緊急事態宣言見送り! 中国の影響力のためか?(…
  4. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)
  5. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)
PAGE TOP