経済

中国の人口統計に明らかな疑惑! 日経新聞が報じる不思議!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国国家統計局が予定より1ヶ月以上遅れて、ようやく5月11日に2020年の国勢調査結果を発表した。結果発表がずっと先延ばしにされ、そんな中で人口減少が明らかになったとのスクープ記事がフィナンシャル・タイムズから出されたこともあり、公表された結果に疑いの目が向けられるのはある意味当然だ。今回の国勢調査結果によると、中国の総人口は14億1178万人で、昨年よりも1173万人増加したことになる。14歳以下の人口は2億5338万人で、前回調査の2010年から13.8%も増えていることになる。

ここで面白いのは、国家統計局が毎年公表した直近14年間の合計出生数は2億3900万人にとどまるところだ。つまり1400万人余りが「出生後に増えた」形になるのである。1400万人以上の外国人の子どもたちが中国に帰化したのでもない限り、この数字は説明がつかないわけだ。そしてそんなことがありえないのは、いちいち言うまでもないだろう。

中国ではどんどん少子化が進んでいるのは公然と知られているのに、国勢調査ベースでは、14歳以下の人口は前回調査の2010年から13.8%も増えている形になる。国家統計局は、中国政府が2016年にすべての夫婦に2人目の出産も認めた効果が出ているのだと主張しているようだが、これを真に受ける人は果たしているのだろうか。

なお中国の公安省が集計したデータでは2020年の出生数は1003万5000人であったので、国家統計局の発表の1200万人は公安省のデータよりも200万人も多かった。農村での統計の漏れを修正した結果だというのが公式の説明だが、どこまで信用していいのだろうか。かつては一人っ子政策によって出生を報告しないこともあったが、一人っ子政策はすでに撤廃されており、二人目を申告しない理由がなくなっているからである。

こうした中国の人口統計のおかしさは、以前から一部の世界では指摘されてきた。私も以前のブログ記事で取り上げたこともある。だが、こうしたおかしさを主要マスコミが報じることはほとんどなかったはずだ。今回このおかしさを日経新聞などが報道しているのは興味深い。今後中国のデータ改ざんの疑いが、いろんな機会を捉えて報じられる動きが始まったのかもしれないからだ。

さらに興味深いのは、中国共産党系メディアの環球時報が、中国の人口統計学者の見方として、中国の総人口が2022年にも減少に転じる見込みが高いと伝えているところだ。人口減少は公式的には2027年頃からと予測されていることになっているから、このような情報は習近平総書記からすれば極めて好ましくない情報だろう。そんな情報を環球時報が流しているのは、中国共産党内部で静かな形で反習近平の動きが広がっていることも予感させる。フィナンシャル・タイムズのスクープ記事も、共産党内部からのリークだったと考えざるをえない。

今後の中国を考えるのに、実に面白いと言えるのではないだろうか。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71778740S1A510C2MM8000/
www.globaltimes.cnの記事
https://www.globaltimes.cn/page/202104/1222404.shtml
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/4783
中国の新生児の画像
https://static.reuters.com/resources/r/?m=02&d=20210419&t=2&i=1559035051&r=LYNXMPEH3I0GI&w=800

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガですでに流していた記事を、ブログに再掲載いたしま…

  2. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

    日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達…

  3. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハー…

  4. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  5. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

    米中通商協議が部分合意に達したが、報道されている内容を見ると、…

  6. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    COP25での日本非難に迎合するな! 日本ほどの環境先進国はない!(朝香 豊)
  2. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
  3. 道理

    流行語大賞”ONE TEAM”の決め手は、移民受け入れの…
  4. 安全保障

    明らかになるドミニオンのデタラメさ! 選挙法に違反!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
PAGE TOP