人権・民主主義

中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

習近平政権になってから、中国共産党員に対しては、クリスマスやハロウィンなどの西洋由来の祝祭イベントに参加を禁じる通達が出されるようになった。

今年はそれが中国の一般市民にまで拡大してきた。

西側の祝祭を中国で祝うべきではなく、中華文化とその歴史と伝統を反映した春節や中秋節などを重点的に祝うべきだとする通達が、中国各地で確認された。

クリスマス期間中に公道を占拠して祝い狂う者を強制排除するとした通達とか、クリスマスセールを禁止させる通達とかも、一部の地域で確認された。

教育機関でのクリスマス禁止も、大学のみの禁止だった段階から広がり、今年は幼稚園においても禁止の動きが広がった。

ここで理論化のために利用されているのが、1856年に起こったアロー号事件だ。アヘンを積んだイギリス船の臨検を清朝政府が行って清国人3人を逮捕したことなどを、イギリスが問題視した事件だ。

このアロー号事件が元で引き起こされたのがアロー戦争で、英仏などの連合軍が北京に攻め込む事態が発生した。

北京に攻め込んだのがクリスマスイブの日であり、清朝の離宮である円明園に火をつけられたのがクリスマスの日であり、この国恥を忘れてはならないというのがその理屈である。

我々が見落としてはいけないのは、こういう反クリスマス的な動きが強まっているのは近年に入ってのことだということだ。

中国の経済状態が悪化し、社会的な不満が広がっている中で、宗教に救いを求める人たちが宗教を通じて結束し、体制をひっくり返す力になることを、習近平政権は恐れている。

強権で抑え込まないと体制の維持が難しくなっているのが、今の中国の実態だと見るべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のライブドアニュースの記事
https://news.livedoor.com/article/detail/17581503/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 豊)

    イラン政府が高まる反政府デモを抑えるためにインターネット通信を…

  3. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

  4. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

  5. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!

    さすが、アメリカ!米議会は、香港情勢に関し、超党派…

  6. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  3. 中国

    習近平を皮肉ったジョークがニューズウィークに登場! (朝香 豊)
  4. 経済

    財政政策をさらに拡大せよ! IMFトップが明言!(朝香 豊)
  5. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
PAGE TOP