人権・民主主義

中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

習近平政権になってから、中国共産党員に対しては、クリスマスやハロウィンなどの西洋由来の祝祭イベントに参加を禁じる通達が出されるようになった。

今年はそれが中国の一般市民にまで拡大してきた。

西側の祝祭を中国で祝うべきではなく、中華文化とその歴史と伝統を反映した春節や中秋節などを重点的に祝うべきだとする通達が、中国各地で確認された。

クリスマス期間中に公道を占拠して祝い狂う者を強制排除するとした通達とか、クリスマスセールを禁止させる通達とかも、一部の地域で確認された。

教育機関でのクリスマス禁止も、大学のみの禁止だった段階から広がり、今年は幼稚園においても禁止の動きが広がった。

ここで理論化のために利用されているのが、1856年に起こったアロー号事件だ。アヘンを積んだイギリス船の臨検を清朝政府が行って清国人3人を逮捕したことなどを、イギリスが問題視した事件だ。

このアロー号事件が元で引き起こされたのがアロー戦争で、英仏などの連合軍が北京に攻め込む事態が発生した。

北京に攻め込んだのがクリスマスイブの日であり、清朝の離宮である円明園に火をつけられたのがクリスマスの日であり、この国恥を忘れてはならないというのがその理屈である。

我々が見落としてはいけないのは、こういう反クリスマス的な動きが強まっているのは近年に入ってのことだということだ。

中国の経済状態が悪化し、社会的な不満が広がっている中で、宗教に救いを求める人たちが宗教を通じて結束し、体制をひっくり返す力になることを、習近平政権は恐れている。

強権で抑え込まないと体制の維持が難しくなっているのが、今の中国の実態だと見るべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のライブドアニュースの記事
https://news.livedoor.com/article/detail/17581503/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  2. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

    香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香…

  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  5. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
  4. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
PAGE TOP